給湯器が水漏れする4つの原因と対処方法を紹介

給湯器の水漏れは、放置すると危険です。給湯器の水漏れに気づいたら、原因を突き止めて対処しましょう。
ここでは給湯器が水漏れする4つの原因と対処方法を紹介します。

給湯器が水漏れする原因は、主に以下の4つです。

  • 経年劣化している
  • 整備不良がある
  • 長期間使用していない
  • 配管が凍結し破損した

以下からは、それぞれの原因と対処方法を紹介します。

原因①経年劣化している

給湯器内部の部品が経年劣化してしまい、水漏れが起こることがあります。
経年劣化による水漏れは、使用を始めて7~10年目の給湯器に多いです。給湯器の内部に用いられているパッキンなどのゴム製品が劣化・破損しやすいからです。
この場合は、劣化した部品を交換すると水漏れしなくなります。ガス会社や給湯器メーカー、給湯器の工事業者に修理を依頼しましょう。

原因②整備不良がある

給湯器の整備不良が原因で水漏れしていることもあります。
整備不良による水漏れは、設置して間もない給湯器に多いです。整備不良とは、給湯機を取り付ける際の施工ミスのことを指します。配管の接続が甘く、接続部から水漏れが起こることがあります。
この場合は、取り付けを行った業者に連絡をして修理をしてもらいましょう。多くの場合、取り付け保障により無料で修理をしてもらえます。

原因③長期間使用していない

長期間にわたり給湯器を使用していないことが原因で、水漏れすることがあります。長期間給湯器を使わずにいると、給湯器内部の圧力が下がります。圧力が下がると、水抜き栓から水が漏れ出てきます。
この場合は、一度お湯を出してみてください。しばらく経てば、水漏れしなくなります。もししばらくしても水漏れが収まらないようであれば、給湯器内部の部品や接続部分が破損している恐れがあります。業者に修理を依頼しましょう。

原因④配管が凍結し破損した

給湯器の配管が凍結し破損してしまうと、水漏れが起こります。
水は凍結すると体積が膨張します。給湯器の排水管内に溜まった水が凍結で膨張し、配管が破裂することがあります。破裂した部分から水が漏れ出します。
この場合は、指定給水装置工事事業者に配管の修理を依頼してください。指定給水装置工事事業者は各自治体によって決まっています。指定給水装置工事事業者は市のホームページや電話で調べることができます。

給湯器の水漏れに気づいたら業者に修理を依頼しよう

給湯器の水漏れには様々な原因があります。また、放置してしまうと非常に危険です。水漏れを発見したらそれぞれの原因に適した業者に修理を依頼しましょう。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事