給湯器の適切な温度設定は何℃?季節による違いはある?

給湯器を利用する際、気になるのが温度設定についてです。

お湯張り、シャワーを浴びる際には、ご自身やご家族が快適と感じる温度にしているというご家庭も多いことでしょう。

一般的に適正温度と呼ばれる温度設定というものはあるのでしょうか。

この記事では、給湯器の適正温度は季節によってどの程度なのかについて解説します。

 

適切な温度設定の基本は?

 

適切な温度設定は、水栓の種類によっても異なります。

シンプルな構造の単水栓であれば、お風呂やシャワーで使用する際の温度である40℃前後でも問題ないでしょう。

実際に、給湯器の設定温度を4044℃程度にしている方も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし、現在多くの家庭に付けられているサーモスタット混合栓であれば、50℃~60℃程度が理想だと言われています。

その理由は、サーモスタット混合栓の場合は手元のハンドルで設定した温度によるように、水栓内で調節するためです。

例えば手元のハンドルで40度に調整したい場合、給湯器の温度設定を42℃にしている場合よりも5060℃に設定している場合の方が調節しやすく、温度が安定します。

 

食器を洗浄する場合は、40℃のお湯よりは60度の高温水で洗浄をした方が油汚れは落ちやすく、衛生面でもおすすめです。

60℃に設定しておくと小さな子供がいる場合は少々心配になるかもしれませんが、60℃の場合はお湯がかかった後にすぐ手を引けば基本的に火傷をする心配は低いでしょう。

 

夏におすすめの給湯器の温度設定は?

 

夏の場合でも、基本的には5060℃の温度設定がおすすめです。

ただし、光熱費の節約を考えると設定温度は低い方が安くなるため、暑い季節ならお風呂やシャワーを40℃前後に調節しておいてもよいでしょう。

暑い夏は元々水の温度が高いため、設定温度を高めなくても温かいお湯が出てきます。

 

冬におすすめの給湯器の温度設定は?

 

冬の場合は、5060℃の温度設定をキープしておくことをおすすめします。

冬は水温がどうしても低く、例えば40℃に設定しておくとお湯を沸かして蛇口から出すまでに時間がかかってしまうためです。

特にすぐに熱いお湯を使いたいケースでは、設定温度は高温に保っておくとよいでしょう。

 

給湯器の温度設定を確認しましょう

 

今回は、給湯器の温度設定について解説してきました。

ご自宅の給湯器の温度設定が適切か否か判断する材料となりましたでしょうか?

基本的には50~60℃の設定が適正ではありますが、水栓の種類や季節などに合わせて変更してみてください。

 

当サイトでは給湯器交換をお考えの方のために、おすすめの給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事