給湯器は粗大ゴミ?給湯器の基本的な処分方法について解説します

給湯器は消耗品のため、基本的には10年程度のサイクルで処分して交換しなくてはなりません。

取り外した給湯器を、どのように処分したらいいのかわからないという方は多いでしょう。

この記事では、給湯器の基本的な処分方法について解説します。

 

給湯器は粗大ゴミのくくりに入る?

 

給湯器は、その大きさから粗大ゴミとして考えている方が多いでしょう。

しかし、基本的にほとんどの自治体は給湯器を回収してくれません。

給湯器を取り外す際には、電気・ガス・水道の配管に関する専門知識が必要になります。

そのため、必然的に業者へ依頼することになり、事業者が関わった場合は粗大ゴミではなく産業廃棄物扱いになるのです。

 

給湯器はどう処分すればよい?

 

給湯器が粗大ゴミとして出せないのであれば、どのように処分すればよいのでしょうか。

ここでは、給湯器の処分方法について解説します。

 

ガス・電気業者に依頼する

 

基本的な処分方法は、取り外しを依頼したガス・電気業者にそのまま引き取ってもらうことです。

取り外したあとにそのまま回収してもらえるため、最も簡単な処分方法だといえるでしょう。

引き取り料金はかかりますが、同時に買い替えも行うことで割引してくれることもあるため活用するとよいでしょう。

 

不用品回収業者に依頼する

 

処分に困ったら、不用品回収業者に依頼することもできます。

不用品回収業者に依頼することで、自宅まで引き取りに来てくれます。

そのため、手間がかからず、ストレスも感じにくいでしょう。

回収・処分には費用がかかるため、事前にどれくらいの金額になるかは確認しておくことが大切です。

 

リサイクルショップに持ち込む

 

給湯器の状態によっては、リサイクルショップに持ち込むのもひとつの方法です。

処分費用がかからず、逆に売却できればお金になる方法です。

しかし、給湯器の持ち込みを自分で行わなければならず、手間がかかる点はデメリットでしょう。

また、状態の悪いアイテムだと買い取ってもらえない可能性もあります。

 

給湯器は粗大ゴミとして処分できないと考えましょう

今回は、給湯器の処分について解説してきました。

給湯器が粗大ゴミとして処分できないことを理解する機会となりましたでしょうか?

給湯器は粗大ゴミとして処分できないことが大半のため、基本的にはガス・電気会社に引き取りを依頼しましょう。

 

当サイトでは給湯器交換をお考えの方のために、おすすめの給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事