給湯器のお湯が熱い原因

給湯器を使っていると、設定温度よりもお湯が熱くなるとケースがあります。

いきなり高温のお湯が出ると火傷をする危険性もあるでしょう。

そのため、すぐに原因を探って対処することが大切です。

本記事では、給湯器のお湯が熱くなる原因を紹介します。

 

外気温が高いため

 

酷暑となる真夏は、外気温に合わせて水道の水も熱湯になることがあります。

自宅の水だけではなく、庭のホースの水が熱くなることからイメージがつくのではないでしょうか。

このような状態では、給湯器の設定温度よりも熱いお湯が出る可能性も十分に考えられます。

 

フィルターが汚れている

 

一般家庭でよく使われている浴槽は、一穴タイプとなっておりフィルターの汚れが原因で熱いお湯が出るケースがあります。

一度フィルターを掃除すると、通常の温度に戻る可能性もあるでしょう。

 

混合栓の故障

 

基本的に給湯器のお湯は、熱湯と水を混ぜて温度調整をしています。

そのため、混合栓部分が故障していると設定通りに混ざることができず、熱いお湯が出る可能性があります。

この場合は、専門業者に依頼して修理しましょう。

 

給湯器のお湯が熱い原因は様々

 

いかがでしたでしょうか。

この記事をお読みいただくことで、給湯器のお湯が熱い原因がおわかりいただけたと思います。

故障が原因となっている場合は、自分で直そうとせずに専門業者に依頼することが大切です。

 

当サイトでは給湯器交換をお考えの方のために、おすすめの給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

 

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事