給湯器が熱いのはなぜ?熱くなる原因と本体故障時の対処法

「給湯器の温度が熱いけれど、原因がわからない」とお困りではありませんか。冷たい水を使いたくても、お湯しかでなければ困ってしまいます。また、設定温度よりも高いと、使用した際にやけどの危険も十分に考えられます。

ここでは、給湯器の温度が高くなってしまう原因について解説します。原因別の対処法の他、給湯器が壊れてしまったときにすべきこともお教えしましょう。熱いお湯しか出ずに困っているという方は必見です。

給湯器の温度が熱くなる原因

給湯器の温度が熱いと、本体が壊れてしまったのではと疑う人も多いと思います。しかし、原因には故障以外の要因もあります。ここで考えられる3つの原因をご紹介します。

外気温が高いため

猛暑など、外の気温が高いときは出る水が熱くなります。水を出そうとしても、気温が高いとぬるめの水が流れます。水でぬるめの温度のため、お湯を出そうとするとより高温に。給湯器がぬるま湯を温め、熱いと感じるほどのお湯が出てきてしまうのです。

混合栓の故障

 混合栓の故障により、熱いお湯が出ている恐れも。給湯器には、水とお湯を混ぜて温度を適温にする、混合栓という部品が付属しています。混合栓が故障すると、水とお湯を混ぜることができません。混ぜられなかった熱いお湯が、そのまま出てくる可能性があります。

給湯器本体の故障

外の気温がさほど高くなく、混合栓などの部品も壊れていない場合は本体が故障している可能性も。給湯器には寿命があります。長く使っている場合は寿命を超え、壊れたのかもしれません。本体の故障は自身では修理が難しいため、修理業者に依頼しましょう。

給湯器の温度がぬるくなる原因

給湯器から出るお湯が熱すぎるというお悩みを抱えている方は多くいます。それとは反対に、ぬるま湯しかででこないことに悩んでいる人もいます。そこで、給湯器から出るお湯がぬるくなる3つの原因についてご紹介します。

設定温度を低くしている

設定温度が低い場合、ぬるいお湯が出てきます。給湯器の設定温度を高くすることで、適温のお湯が出てくるのです。まずは設定が何度になっているのかを確認してみてましょう。

フィルターが汚れている

給湯器から蛇口までの間にあるフィルターが汚れることで、お湯温度がぬるくなることもあります。フィルターにたくさんの汚れが付着していると、温めたお湯が蛇口まで届きにくくなります。蛇口に到達するまでに時間がかかり、お湯の温度が下がってしまうのです。

水圧の変化

同じ給湯を使っている複数の水道で同時にお湯を使うと、水圧が足りずにお湯がぬるくなってしまいます。基本的に給湯器は、ひとつの家庭にひとつです。複数箇所で同時にお湯を使うと、水圧が足りなくなります。その結果、どこかのお湯の温度がぬるくなってしまうのです。

給湯器の設定温度が安定しない時の確認事項

給湯器の温度を設定しているにもかかわらず、設定温度の水が出ないケースもあるでしょう。ここでは、給湯器の設定温度が不安定なときに確認したい2つのことをご紹介します。

給湯器のリモコンから設定をチェック

まずは給湯器のリモコンから、設定温度などをチェックしてみましょう。リモコンを操作すれば、現在設定しているお湯の温度が確認できます。温度が低くなっている場合は高くして、お湯を出してみてください。問題なければ修理の必要はありません。

 設定温度に間違いがない場合は、エラー表示が出ていないかを見てみましょう。エラー表示が出ている場合は、取扱説明書を確認してください。原因を解決できるのであれば自身で解決しましょう。解決できない場合は、無理せず修理業者に連絡することをおすすめします。

ガス栓の確認

ガス栓を確認し、ガスが供給されているかを見ておきましょう。ガス栓が閉まっていると、給湯器が使えないため水しか出てきません。ガス栓を開くことで、熱いお湯を出せるでしょう。

 確認時には、ガス漏れがないかも見ておいてください。ガス漏れが起きているときはガスの異臭がします。火災の危険があるため、部屋の換気をしたうえでガス会社に連絡しましょう。

お風呂の温度が安定しない原因と対策

熱いお風呂に入りたいのに、ぬるめのお湯しか出てこない……とお悩みの方もいるでしょう。ここでは、お風呂の温度が不安定な原因と、対策方法について解説します。

循環アダプターの設置ミスや汚れ

お湯を張るときに通過する循環アダプターが汚れていると、お湯を循環できません。熱いお湯が出てこず、ぬるま湯だけが出てきます。循環アダプターにはフィルターが付いているため、フィルターが汚れていないかをチェックしましょう。

フィルターがきちんと設置されていない場合は、正しく取り付けることで熱いお湯が出てきます。

汚れている場合は掃除が必要

フィルターが汚れている場合は、詰まりの原因をきれいに取り除きましょう。

フィルターには繊維や髪の毛といった汚れが付着しやすくなっています。これらの汚れをブラシで取り除き、水洗いをしてください。循環がスムーズになり、設定温度のお湯が出てきます。

給湯器の温度が安定しない時の注意点と業者選びのポイント

給湯器の故障が疑われるため、自分で修理をしようと考える人もいるでしょう。ここでは、故障時に注意しておきたいポイントと、修理業者の選び方についてご紹介します。

自分で修理することは危険

給湯器を自分で修理しようとすると、ガス漏れなどの危険を招きます。一歩間違えば火災に発展するため、すぐに業者に連絡しましょう。

また、壊れた給湯器を使い続けることも、ガス漏れを招く恐れがあります。熱いお湯しか出ない・ぬるいお湯しか出ない・お湯自体出ない場合は、使用を中止してすぐに修理依頼をしてください。

ガス栓を閉めて業者に連絡

給湯器が壊れている時点で、ガス漏れが発生している可能性があります。ガス漏れを起こしているときは異臭がするため、室内の換気をして業者に連絡しましょう。窓を開けるだけでなく、換気扇も回してください。

実績豊富で応対が丁寧な業者がおすすめ<h3>

実績が豊富で丁寧な応対をしてくれるところに依頼することがおすすめです。実績のある業者であれば、故障の原因を突き止めていち早く解決してくれます。故障の原因についても、詳しく説明してくれるでしょう。

実績が豊富でも、応対が粗暴だと依頼する気にもなれないかと思います。連絡をしたときから丁寧に接してくれる業者であれば、気持ちよく修理依頼ができるでしょう。

アフターサービスが充実しているところなら保証がある

修理業者のなかには、アフターサービスが充実している会社もあります。今後のことを考えてサービスを充実させているところを選びましょう。給湯器はお風呂でも使用するため、季節を問わず毎日使います。使用頻度が高いと故障の危険性も高まります。アフターサービス付きであれば、修理後に保証を受けることが可能です。保証内に故障しても、無料で修理に応じてもらえるでしょう。

給湯器が熱いと感じたら原因を解決しよう

給湯器が熱くなる原因と対処法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。給湯器の温度が熱くなる、またはぬるくなるのは何らかの原因があります。原因がわかれば対処法も実践できるため、対応できる部分は自身でやってみましょう。故障が疑われる場合は、早めに修理業者に連絡することがおすすめです。

当サイトでは給湯器交換をお考えの方のために、おすすめの給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事