給湯器からでてくる黒いカスの正体は?そのまま放っておいても問題ない?

給湯器を使用しているときに「黒いカス」がでてきてしまったという経験はありませんか?

「とりあえず給湯器は使用できるためそのまま使ってはいるが、やっぱり気になる……」と思う方もいるでしょう。

この記事では、給湯器からでてくる黒いカスは放っていても大丈夫なのかについて解説します。

 

黒いカスの原因:ゴムパッキン等の劣化

 

黒いカスの原因としてまず挙げられるのが、給湯器に使われているゴムパッキンの一部です。

配管のつなぎ目に使用されているゴムパッキンが、経年劣化によってはがれ、お湯に紛れ込んでしまうのです。

劣化したゴムパッキンは触ると少し硬度があり、そのまま崩れるような状態になっています。

ゴムパッキンが劣化した状態で使用を続けると、いくら配管をきれいにしても黒いカスがでてしまいます。

可能な限り早期に、業者へ点検や部品交換などの相談をした方がいいでしょう。

 

黒いカスの原因:皮脂や入浴剤成分などの汚れ

 

配管内部にたまった皮脂汚れや入浴剤成分などが、給湯時にでてくることもあります。

これらの汚れは基本的に白や茶色のものが中心ですが、ゴムパッキンのかけらの色が沈着して黒くなっているケースがあるのです。

いくら給湯器の掃除をして大切に扱っていたとしても、長年使用し続けることで少しずつ汚れはたまっていってしまうものです。

衛生的にはよくないので、配管洗浄によってきれいにするのが推奨されます。

洗浄剤は市販されているものもあるため、有効活用しましょう。

もし洗浄が自分ではできない、もしくは自分でやっても黒い汚れがでる場合は、業者に相談することをおすすめします。

 

黒いカスの原因:配管内のサビ

 

黒いカスの正体は、配管の金属がサビついてお湯に混ざったものであることもあります。

特に長年使用している給湯器の場合は配管内がさびついてしまうことがあるため、避けられないことではあるでしょう。

さびつきであれば、たとえ配管洗浄をしてもまた発生してしまいます。

すぐに水漏れが発生するとはいえませんが、なるべく業者に点検を依頼することがおすすめです。

 

給湯器からでてくる黒いカスは早めに対応するのが吉

 

今回は、給湯器の黒いカスについて解説してきました。

黒いカスへの対応が必要か判断する材料となりましたでしょうか?

給湯器からでてくる黒いカスは緊急性の高いものという訳ではありませんが、早期に対応しておくことが望ましいでしょう。

 

当サイトでは給湯器交換をお考えの方のために、おすすめの給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事