電気給湯器の種類を様々な観点で解説!

電気給湯器の購入や交換を検討するにあたっては、まずはどんな種類があるのかが気になるものですよね。
電気給湯器はお湯の沸かし方などによっていくつかの種類に分類することができるため、生活スタイルによって最適な種類のものを選ぶことが大切になってくるでしょう。
そのためここでは、電気給湯器について解説します。

電気給湯器の種類には様々な分け方がある

ここではまず、電気給湯器の種類を温め方と仕組みの2つの観点から整理します。

温め方の種類(電熱ヒーター式と熱交換式)

電気給湯器は、お湯を沸かす方法によって「電熱ヒーター式」と「熱交換器式」の2つに分類できます。
電熱ヒーター式は、電気を通すことで高熱を発する電熱ヒーターによってお湯を沸かす方式です。
一方の熱交換器式とは、お湯を沸かすために熱交換器というシステムを使う方式を指します。
いずれも夜間などにお湯を温めておき、沸かしたお湯は給湯器に内蔵されている貯湯タンクに蓄えておくタイプの給湯器(貯湯式)です。
比較的電気代のかかりにくい夜間のうちにお湯を沸かすため、電気給湯器には光熱費を抑える効果も期待できます。

仕組みの種類(積層沸き上げ方式と対流沸き上げ方式)

電気給湯器は、お湯の沸かし方によって「積層沸き上げ方式」と「滞留沸き上げ方式」の2つに整理できます。
積層沸き上げ方式は、タンクいっぱいにまで水を入れ、タンク上部に設置されているヒーターでお湯を沸かす仕組みです。
タンクの給水は下部から行うため、お湯と水の間に混合層ができ、それほど沢山のお湯を一度に沸かすことはできませんが、必要な分だけ効率よくすぐに沸かすことに特化しています。
対流沸き上げ方式とは、タンクの下部にあるヒーターによってお湯を沸かす仕組みのことを言います。
温められ温度が上がったお湯はタンクの上部に移動するため、タンク内に対流が起きて温度が均一になっていくのが特徴です。
大量のお湯を貯めやすい反面、一度お湯が無くなってしまうと沸かすまでに時間がかかるのがデメリットです。

電気給湯器の機能 

 電気給湯には、標準圧力型・高圧力型・エマージェンシーストップの3つの機能があります。 

ここでは各機能について解説しましょう。  

標準圧力型 

標準的な給湯能力が特徴のタイプです。2階や3階に給湯する場合は「給湯加圧ポンプ」が必要になります。 

高圧力型 

標準圧力型と比べてお湯の勢いが強いのが特徴で、2階・3階への給湯も可能です。 

シャワーが快適に使えるだけでなく、お湯張りにかかる時間も標準圧力型より短くなります。メーカーによりますが、標準圧力型よりもお湯張りにかかる時間が約5分短縮される製品も。 

2階・3階にキッチンやお風呂がある家庭や、スピーディーなお湯張りを求める家庭におすすめです。 

エマージェンシーストップ 

エマージェンシーストップとは、水漏れによる被害を最小限に抑えられる機能です。 

タンク缶体・配管部などで万が一水漏れした場合に、給水をただちに止めます。貯湯タンクを室内に設置すると水漏れ被害の心配があるため、エマージェンシーストップ機能があると便利です。 

電気給湯器の選び方 

電気給湯器は家族の人数や求める性能、自宅の構造などによって適した製品が異なります。 

ここでは電気給湯器の選び方をいくつか紹介しましょう。是非以下の選び方を押さえて、家庭に合った製品を選んでくださいね。 

家族構成・ライフスタイルで選ぶ 

電気給湯機選びで重要な要素は、家族構成やライフスタイルです。家族構成によって、普段使うお湯の量が異なるでしょう。 

使うお湯の量によって、給湯コストがどれだけ削減できるかが変わってきます。給湯コストを削減しやすいエコキュートであっても、1人暮らしの家庭にはあまり向いていないかもしれません。導入コストが大きい分、使用量が少ないとコストの回収が難しくなってしまうのです。 

1人~2人暮らしであれば、150L~200L程度のもので十分といえるでしょう。  

4人以上の家族で使用する場合は、460L程度を目安に検討することをおすすめします。給湯器を選ぶ際は、家族構成・お湯の使用量を把握しましょう。 

導入コスト・ランニングコストを考慮する 

導入コストとランニングコストを考慮しましょう。導入する給湯システムによっては、国や自治体が行っている補助金制度を利用できる場合があります。 

補助金制度を利用すれば、導入コストを安く抑えられるでしょう。いろいろな制度があるので、ぜひ調べてみてください。 

またランニングコストの場合、給湯にかかるコストだけでなくメンテナンス頻度・寿命なども考慮しなくてはいけません。 

機器によってかかるコストは変わるので、十分に比較検討することをおすすめします。 

必要な能力・サイズを確認する 

給湯器を選ぶときに考慮しなくてはいけないポイントが、機器の能力・サイズです。どの程度使うのか・どのように使うかによって必要な能力・サイズが異なります。 

サイズの大きな機器ほど容量が多いため、使用頻度を考慮して検討してみると良いでしょう。サイズ・能力を見誤って設置してしまうと、導入後に後悔する可能性があります。 

設置スペースを考慮する 

給湯器の設置スペースはあらかじめ検討しておきましょう。エコキュートの場合、ヒートポンプユニットやタンクの設置も考慮する必要があります。 

設置場所が分からない場合は、専門業者に相談するのがおすすめです。 

メーカーで選ぶ 

電気給湯器は、メーカーによって価格・機能などが異なります。電気給湯機を取り扱う代表的なメーカーは以下の通りです。 

代表的なメーカー 

  • 三菱電機 
  • パナソニック 
  • 長府製作所 
  • コロナ 
  • タカラスタンダード 
  • 日立製作所 

新規受注を行っておらず、在庫品限りとなっているメーカーもあります。 

在庫面も含めて予算・必要な機能に絞り比較検討することで、家庭により適したものが見つかるでしょう。 

電気温水器の1ヶ月間にかかる電気代

「電気温水器にはどれくらいの電気代がかかっているのか、気になる!」という人もいるでしょう。

ここでは、電気温水器の電気代について説明しています。詳しく知りたい方はご参照ください。
電気温水器の1ヶ月間にかかる電気代

ライフスタイルに合った電気給湯器を選ぼう

電気給湯器はお湯の温め方や沸かす仕組みによっていくつかの種類に分けられるため、自身の考えや利用法、ライフスタイルに合った電気給湯器を選ぶことが大切でしょう。

当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事