給湯器交換の詐欺事例|トラブル回避するための事例紹介と対処法

インターネットで検索すると、「給湯器交換で詐欺に遭った」という事例がたくさん表示されます。
これから給湯器を交換したいと検討している方にとっては、不安を掻き立てられる怖い話でしょう。
トラブルを回避するためには、過去の事例から学ぶことがいちばんです。
そこで、給湯器交換での詐欺事例をご紹介するので、業者を選ぶ際の参考にしてください。

詐欺被害の事例

それでは、給湯器交換によるトラブルの事例をご紹介します。

事例1:手抜き工事の詐欺事例

給湯器交換で手抜き工事をしたという詐欺事例です。
正当な工事金額を支払ったにも関わらず、実際に行われたのは不十分な手抜き工事でトラブルになった事例。
給湯器の交換が終わったにも関わらず、止水栓や耐震用アンカーボルト、タンクの上部固定などがないという工事が行われたそうです。
給湯器の交換・設置経験が少なく未熟な業者による施工だったと考えられますが、手抜き工事が行われたトラブル事例は少なくありません。

事例2:高額な工事費用を請求された詐欺事例

給湯器交換費用として、高額の工事費用を請求された詐欺事例です。
給湯器の交換をしたことがない方は、相見積もりをとらないと請求された工事費用の高さに気が付かないことがあります。
事例の報告によると、給湯器の交換工事費用として約40万円の請求をされたとのこと。
しかし、優良な業者であれば、基本的な工事をすべて含めても30,000~50,000円程度が工事費用の相場となっています。
約40万円という工事費用の請求は明らかに高額でしょう。

事例3:工事日を偽って契約させられた詐欺事例

工事日を偽られたという詐欺事例です。
お湯が使えない期間を短くしたいという利用者の心理をついて、虚偽の工事日を設定することにより契約を得ようとした悪徳業者だと思われます。
見積もり段階では工事日を「2月15日」と伝えていたにも関わらず、契約した後に「3月5日」だと伝えてきたとのこと。
実際に工事日がずれることはあり得るかもしれませんが、2週間以上も引き伸ばされては生活に支障が出てしまいます。
工事日を偽ることは、利用者に対して不誠実な対応をしている業者である証です。

事例4:給湯器交換作業が終わっても発電手続きに来ない詐欺事例

発電できるタイプの給湯器に交換したにも関わらず、発電手続きに来ないという詐欺事例です。
省エネタイプの給湯器の中には発電機能が搭載されているものがありますが、工事から2ヶ月経っても発電手続きをしてもらえず、ただの給湯器としてしか使えないとのこと。
メーカー小売希望価格では100万円近くとなるハイブリッド給湯器を購入したうえに、工事費180万円を支払って取り付けたにも関わらず、発電手続きが行われなければ省エネ性能は十分に発揮されません。
ハイブリッド給湯器に交換して発電手続きに訪れないという事例は、かなり悪質だと考えられます。

悪徳な給湯器交換業者の詐欺に合わないために 

これらの事例の通り、残念ながら悪徳な給湯器交換業者詐欺は枚挙に暇がありません。ですので、給湯器の交換を依頼する際に詐欺を働くような業者かどうかを見極める目を養う必要があるのです。 

複数業者から相見積もりをとる 

まず、給湯器の交換を依頼する際には、必ず複数の業者から見積をとるようにしましょう。業者の中でも、実際に詐欺を働いてやろうと考えている悪徳業者の数はそんなに多くありません。ですので、相見積もりを取れば明らかに他と違う業者を見分けることができるようになります。 

明らかに他業者と比べて安い金額を提示している、極端に材料費が少ないなど、おかしいと感じる点がある業者は避けるのが無難です。 

工事の根拠提示をしてもらう 

業者に見積を出してもらう時には、必ずその根拠を提示してもらうようにしてください。自分のところにどんな工事が必要で、どんな部材が使われて、どれくらいの工期で行われるのか、など、具体的な根拠を提示してもらうのです。 

詐欺を働こうと思っている業者は、このあたりの根拠を明確に説明することができません。通常であればもっと安価で済むはずの工事を、かなりの高額でさせようとしているのですから、これは当然です。逆に言えば、納得できる根拠を提示してくれる業者であれば、非常に信頼できる業者である証拠にもなります。 

工事前に証拠写真を残しておく 

工事を行う前には、必ず証拠の写真撮影をしておくようにしてください。現場復旧をしてくれないなどのトラブルに巻き込まれないためには、工事を行う前にどのような状態だったのかを明確に残しておく必要があります。最近では、スマホで簡単に写真撮影・保存が可能なので、必ず行いましょう。 

見積書は詳細まで記載してもらう 

業者に見積を出してもらう際、多くの業者では詳細をほとんど書かずに金額を提示する、ということをしている場合も少なくありません。先に値引きをした状態で価格が記載されることもあれば、部材の型番などは記載しないということもあります。多くの場合、これらは業者側の心遣いであることが殆どなのですが、悪徳業者の場合は「見積に記載していない」というだけで平気で嘘をつきます。 

ですので、できれば詳細な情報が書かれた見積書の提示をお願いしておきましょう。誠実な業者は、きちんと対応してくれるはずです。 

口コミを参考にする 

給湯器の交換業者を探すとき、最近ではインターネットを利用して検索することが殆どなのではないでしょうか。その際にぜひ確認してもらいたいのが、業者に対する口コミです。 

最近では、業者の名前に「口コミ」というキーワードを付け加えるだけで、簡単に経験者たちの声を見つけ出すことができます。こうした情報を一つの指針にすることで、詐欺業者にひっかかる可能性は大きく減ります。 

知名度の高い業者に依頼する 

特に給湯器交換業者で詐欺を働いている人は、インターネット上にしか店を構えていないような、小さな業者であることが殆どです。ですので、どうしても詐欺に遭いたくない、と考えているのであれば、こうした小さな業者は全てスルーしましょう。有名なメーカーの系列業者など、事実上詐欺を働くことのできない環境にある業者を選ぶのが一番です。 

当然、こうしたネームバリューのある業者は金額もそれなりの価格を提示されますが、仕事ぶりは丁寧です。詐欺業者を避けたいなら、知名度の高い業者を選ぶというのも一つの手です。  

給湯器交換で詐欺を避けるには業者選びを慎重に

給湯器交換での詐欺を回避するためには、業者選びを慎重に行うことが欠かせません。
ご紹介した事例を確認すると、いずれも業者の技術力の低さや不誠実さによって発生していることがわかります。
これから給湯器の交換をしたいと検討されている方は、トラブル回避のために、本当に信頼できる誠実な業者を見つけることを心がけてください。
相見積もりをとり、できる限り多くの交換業者の対応をチェックすることが大切です。

当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事