給湯器の号数とは?号数の選び方と20号・24号のお湯の量の目安を紹介

給湯器の号数とは、給湯器にどれくらいお湯を出すパワーがあるかを表した数字です。
ここでは給湯器の号数の選び方と、20号・24号の給湯器のお湯の量の目安を紹介します。

給湯器の号数の選び方とは?

給湯器の号数は、使用するお湯の量で選びましょう。
以下からは20号・24号の各給湯器で使えるお湯の量の目安を紹介します。

20号の給湯器は3人以下の家族におすすめ!

20号の給湯器は、1分間に20Lのお湯を出すことができます。
1分間に20Lとは、例えば、お風呂でシャワーを使いながらキッチンでお湯を出せる程度です。

20号の給湯器では、上記のようにシャワーと給湯が同時に行えます。

そのため、20号の給湯器は3人以下の家族におすすめです。

 

ただし、20号の給湯器は、冬場では1分間に13.5Lほどのお湯しかでません。

元の水温が低いため、お湯を沸かすのにたくさんのエネルギーが必要となるからです。

冬場でもたくさんのお湯を使いたいという場合は、20号ではパワー不足です。

24号の給湯器を検討するとよいでしょう。

24号の給湯器は4人以上の家族におすすめ!

24号の給湯器は、1分間に24Lのお湯を出すことができます。
1分間に24Lとは、例えば、お風呂でシャワーを使いながら追い炊きを行い、さらにキッチンでお湯を出せる程度です。

24号の給湯器では、上記のように複数の場所でお湯を使用することができます。

そのため、24号の給湯器は4人以上の家族におすすめです。

 

また、24号の給湯器は冬場でも、1分間に16.2L程度のお湯を出すことができます。

1分間に16.2Lとは、シャワーとその他の2ヵ所での給湯が同時にできる程度です。

24号の給湯器であれば、年間を通して十分なお湯の量が確保できます。

給湯器の号数変更のポイント・注意点 

給湯器の湯量に不満がある場合は、号数変更の検討をおすすめします。 

ここでは号数を上げたい場合・下げたい場合それぞれのポイントと、号数変更の注意点について解説しましょう。 

号数を上げたい場合 

湯量が少ない場合は、より号数の大きいものにするとよいでしょう。しかし、16号から20号へのサイズアップはできるのですが、20号から24号へのサイズアップは不可能な場合もあります。 

ガスメーターの能力を考慮しなくてはいけないためです。

ガスメーターの能力には4種類あります。2.5号・4号・6号・8号です。 

ガスメーターの能力が4号であれば、基本的に16号・20号の給湯器を利用できます。 

24号の給湯器を使用したい場合は、6号以上の能力を持つガスメーターが必須。 

号数を上げたい場合はガスメーターの能力を確認しなければいけないため、契約しているガス会社に問い合わせてみましょう。 

号数を下げたい場合 

号数を下げる場合は、ガスメーターの能力に限らず可能です。 

可能なケース 

  • 24号から20号 
  • 20号から16号 
  • 26号から16号

ただし、お湯の出が悪くなる場合があります。

号数を下げることで不便に感じる恐れがあるため、リスクも含め十分に検討してください。 

号数を変更したい時の注意点 

号数変更にはいくつかの注意点があります。まず一つ目がガスメーターの能力。 

ガスメーターの能力によって、サイズアップが出来ない場合があります。 

24号にサイズアップする場合は、ガスメーターの能力が6号以上であることを確認しましょう。

 

2つ目がガス配管です。 

現在16号を使用しているのであれば、そもそも号数を上げることが出来ないケースもあります。 

その理由は、16号用のガス配管は20号のものと比べて細いためです。

 

20号は太いガス配管を使用している場合が多く、配管工事の必要なく24号のものに変えられることがあります。 

ガス配管の太さによっては、号数を上げる際に配管の太さを変更する工事が必要になるでしょう。 

その場合工事にかかる時間や費用がかかってしまうため、注意しなくてはいけません。 

 

3つ目がマンションの場合です。

マンションの場合、号数を上げることが規約で認められていないことがあります。 

規約に記載されていない場合は、大家さんや管理会社へ確認してみましょう。 

特殊な号数の給湯器一覧 

給湯器の号数は16号・20号・24号の主に3種類です。 

このほかにも特殊な号数の給湯器があることをご存知でしょうか。 

ここでは特殊な号数の給湯器について解説します。 

5号給湯器 

瞬間湯沸かし器とも呼ばれる号数です。

元止め式・先止め式の2種類があり、それぞれ使用できる範囲が異なります。 

 

元止め式は本体と直接接続されたホース一か所でのみ使用可能です。

先止め式は水道管を通して蛇口や混合水栓から排出されるタイプ。 

そのため複数個所でお湯を使用できます。

 

先止め式は飲食店・美容室・会社の給湯室などで使用される機会が多いです。 

32号給湯器 

32号給湯器は業務用に使用されているものです。 

複数台連結させることで給湯方式を希望のものに対応可能です。

メーカーにより仕様は異なりますが、屋内壁掛け型・扉内設置型・アルコーブ設置型・FF式屋内壁掛け型などがあります。

壁掛け型と据え置き型の特徴とは

省スペース性から、戸建て住宅の外壁やマンションのベランダの壁に設置することが多い、壁掛け型の給湯器。

しかし、マンションの仕様によっては据え置き型の方が適していることもあります。

こちらの記事では、それぞれの特徴はもちろん、メリット・デメリット含めてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

【給湯器の種類】壁掛けタイプと据え置きタイプの特徴と違いを紹介

50号給湯器 

病院・ホテル・学校など幅広い施設で導入されているサイズです。

50号ともなると一般的な号数のものと比べて本体が大きいのですが、最近はスリム型の給湯器も発売されています。 

 

パーパスの50号給湯器「PG-H500WS/PG-H500US」は幅480mmまでのスリム化に成功。

スリム型なら、設置スペースを削減できます。 

使用するお湯の量から家庭にピッタリの給湯器を選ぼう

給湯器の号数とは、給湯器にどれくらいお湯を出すパワーがあるかを表すものです。

20号であれば、シャワーと給湯が同時に行えます。

24号であれば、シャワーと2ヵ所での給湯が同時に行えます。
使用するお湯の量に合わせて、ピッタリの給湯器を選びましょう。

 

当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!

良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事