なぜ夏は給湯器の交換金額が安い時期なのか?

給湯器の交換をしたい! でも費用はなるべく抑えたい。
そう考えている人もいると思います。
そんな人におすすめなのが、夏に給湯器の交換を行うこと。
給湯器の交換は冬場よりも夏場にするほうが断然おすすめです。
なぜ夏期の給湯器交換の料金は安価なのか? その理由を説明します。

給湯器の交換金額が夏は安い4つの理由

夏に給湯器の交換をすると、なぜ得なのか。その理由を解説します。

夏は修理件数が少ない

給湯器が最も壊れやすいのは冬。
ほかのシーズンよりも使用量が増え、夏場には起こりえない凍結などの問題も生じるため、多くの給湯器が冬に交換時期を迎えます。

また冬場は水道水の温度が夏場よりも低く、一定の温度に上げるのに夏以上のエネルギーが必要となります。
例えば、夏場の水温が20度だった場合、お風呂の温度設定が40度でしたら、20度分のエネルギーしかいりません。
しかし冬場の水温が5度の場合、40度に上げるには35度分ものエネルギーを使わなくてはならないのです。

また梅雨の時期も、比較的故障の多い時期です。
雨の影響、特に風雨が激しいと給湯器の内部に水滴が入り込んでしまい、故障してしまうケースがあります。

修理の多い時期は、スタッフを臨時で雇い入れていることもあり、人件費も高くなります。
それらを補う意味でも、冬場の交換料金は夏場よりも高く設定されているケースが多いのです。

上記のように、冬場や梅雨のシーズンのほうが修理や故障件数が多くなり、その結果、修理や故障にかかる費用も高くなる傾向にあります。

夏は売上を上げづらい

給湯器は当然のことながら、お湯や暖房などの使用頻度が高くなる冬場に活躍することが多いです。
そのため、真夏の暑い最中に「給湯器を買い替えようか~」と考えるお客さんは少なくなりがち。
しかし業者側からしてみれば、夏場は売れ行きが悪く、安くてもいいから多くの給湯器を販売したいと考えています。
そのため、値下げ商戦などを行い、1台でもたくさんの売上を上げるため奮闘しています。

引っ越しが少ない

夏場は引っ越しの少ないシーズンでもあります。
給湯器の入れ替えを行う理由の一つに、引っ越しがあるでしょう。
引っ越しシーズンである3~4月や9月には給湯器導入の需要も高まります。
逆に、転勤や入学、入社などの少ない夏のシーズンは業者も仕事が少なく、給湯器を安く販売する傾向にあります。

交換業者とのスケジュール調整がしやすい

給湯器交換は冬場に繁忙期を迎えます。なぜなら先に述べたように、給湯器は冬場に最も壊れやすいとされているからです。 

夏場はトラブルとなり得る要素がほかの季節と比べて少ないことから、修理件数が減少傾向に。忙しい時期に修理を依頼すると、スケジュール調整に応じてくれない場合も多いです。許容を超えて依頼を受けてしまうため、一人ひとりの希望通りの日程に調整できなくなります。 

閑散期となる夏場なら、修理の依頼を出す人が少なくなるためスケジュール調整が容易になるのです。 

【補足】メーカーの新商品投入時期には偏りはみられない 

メーカーの新商品投入時期に偏りはありません。冬場に需要が高くなるため、冬場前に各メーカーが一斉に新商品を投入してくると考える方もいるのではないでしょうか。 

しかし、実際は年間を通して均等に発売されています。給湯器は基本的にどのメーカーも目立った性能差はありません。 

エコジョーズや従来型給湯器も、メーカーによって性能が大きく変わることはないのです。光熱費が格段に異なることもほとんどないでしょう。各メーカーの商品で差をつけられる部分は機能性やデザイン性です。 

メーカー独自で機能を開発していることもあるため、比べるとしたら機能性・デザイン性などの要素になるでしょう。 

特に近年各メーカーが力を入れている商品は、エコワン・エコキュートなどの省エネタイプ。高性能給湯器は発売当初高額なものの、新たな商品が出るたびに価格が下がっていく傾向にあります。新商品に焦って飛びつくと、ランニングコストと導入コストが釣り合わず損してしまうこともあるのです。 

高性能だからといってすぐに飛びつくのではなく、必要な機能・デザインに絞って比較検討しましょう。

給湯器交換価格をさらに下げるコツ 

夏場は給湯器を安く買い替えやすい時期です。しかし、コツをいくつか押さえると、さらに価格を下げてお得に交換できます。 

給湯器交換価格を下げるコツを2つ紹介しましょう。 

複数業者から相見積もりをとる 

給湯交換をするときは気になる業者1社に見積もりを取るのではなく、複数業者から相見積もりを取るのがコツです。 

業者1社だけに見積もりを取ると他の業者との比較ができません。 

結果的に「もう少し安く交換できたのに」といったことにもなりかねないのです。出来る限り安く交換するためには、いくつか気になる業者をピックアップしてみましょう。 

各業者から相見積もりを取り、対応の早さや保証サービス・価格等を比較し依頼するのがおすすめです。 

交換業者を選ぶコツは以下の3つです。 

交換業者を選ぶコツ 

  • 口コミの評価は高いか 
  • 保証サービスが充実しているか 
  • 対応が早いか 

3つのコツを踏まえたうえで、気になる業者を選定してみてください。 

メーカーではなく給湯交換専門店に依頼する 

依頼する業者の選択肢は5つあります。 

交換に対応している業者 

  • 給湯器メーカー 
  • 給湯器交換専門店 
  • ガス会社 
  • ホームセンター 
  • 住宅リフォーム会社 

中でも、給湯機メーカーに依頼すれば間違いないのではないかと考えている方も少なくないでしょう。 

しかし、実際は給湯機メーカーは割引・保証が少ないケースが非常に多いです。ガス会社やホームセンター、住宅リフォーム会社も同様に割引が少なく、価格が高めに設定されやすい傾向にあります。 

給湯器交換専門店は割引・保証サービスが充実しているため、もっともお得に依頼できるのです。 

Webから申し込めば工事費用○○○○円割引!」といったキャンペーンを実施している業者も多くあります。 

お得に依頼できるだけでなく、ネット上で見積もりができるメリットも。簡単に見積もり依頼できるため、複数社に相見積もりを取るのもあまり負担になりません。 

メリットがたくさんあるので、交換は給湯交換専門店に依頼するのがおすすめです。  

給湯器の交換は夏場がおすすめ!

給湯器の交換は夏のほうが安い理由を理解していただけたでしょうか。
冬場に給湯器は壊れることが多いため、冬の間は業者も臨時のスタッフを雇ったりしなくてはならないほど、大忙し。繁忙期だからこそ、コストも高くなります。
逆に、暇な夏の時期こそ、安く交換できるねらい目のとき。実際にネット上にも「夏の暇な時期だったから、思ったより安値で対応してもらえた」という書き込みがありました。
夏場のほうが、工事などもすぐにしてもらえる可能性が高いです。
「そろそろ寿命かな……?」と感じたら、比較的閑散期である夏場に給湯器の交換工事を頼むようにしましょう!

当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事