シャワーに向いている電気温水器の特徴は?

シャワーをよく利用する方が電気温水器の導入を検討する場合、気をつけておきたい点がいくつかあります。
電気温水器の特徴をよく踏まえた上で、シャワーと相性のよい特徴のものを選択する必要があるのです。
ここでは、シャワーを利用する方におすすめできる電気温水器の特徴を解説します。

シャワーを利用する方におすすめの電気温水器の特徴

ここでは、よくシャワーを利用する方におすすめできる電気温水器の特徴を解説します。

貯湯量の多い電気温水器

シャワーをたくさん使う方には、湯切れしてしまわないように貯湯量の多い電気温水器の利用がおすすめです。 

特に普段から来客が多い方などは、お湯を使う量が増えるたびに湯切れの心配があります。なるべく貯湯量の多い電気温水器を利用することが望ましいでしょう。 

湯切れを起こした場合はもちろん沸かし足すことが可能ですが、電気温水器は通常だと電気代の安い夜間にお湯を沸かしているため、電気代の負担が大きくなってしまいます。 

沸かし足して使う予定の場合は、急速にお湯を沸かすタイプの給湯器も存在するため、利用を検討してみましょう。 

エコキュートの利用もおすすめ

よくシャワーを利用する方には、エコキュートの利用もおすすめです。
エコキュートとは電気温水器の一種であり、空気をコンプレッサーで圧縮する際に発生する熱を利用してお湯を沸かすため、電気代を抑えることができます。
シャワーはお湯を流し続けることになるため、電気代を削減していかにランニングコストを抑えられるかが非常に重要です。
また、CO2排出量も比較的少ないため、設置に際して地方自治体の補助金がもらえることもあります。

電気温水器に交換してシャワー水圧が弱くなる原因 

シャワーをよく利用する人にとって、電気温水器に変える最大のデメリットは「シャワーの水圧が弱くなってしまう」という点です。電気温水器に変えた場合、基本的には温水をタンクに貯めて使うようになるため、全体的に水圧は弱くなります。 

しかし、それでもなるべく心地よい水圧でシャワーを浴びたいですよね。ここでは、水圧が弱くなったときに確認するべきポイントについてご紹介します。  

元栓・止水栓のしめ具合  

まずは、家全体の水圧が弱くなっていないかを確認しましょう。もし全体的に弱くなっているのであれば、元栓の状態を確認してみてください。確認したうえで、完全に開いていない状態であることが確認できたら、元栓を全開にすることで水圧を強めることができます。 

元栓が全開になっていれば、今度はシャワーの止水栓を確認します。本来は蛇口の交換・修理の際に水漏れを防ぐ目的で使われているのですが、水圧を調整するのにも効果的です。  

水道管の劣化・破損  

あまり実例は多くないのですが、念のために水道管の劣化や破損がないかどうかについても、合わせて確認しておくと安心です。水道管は通常地中に埋まっているものなので、確認ができないと思うかもしれませんが、一つ明確な目安があります。それは、水道代です。 

以前よりも確実に水圧が落ちているのに、水道代は高くなっているというケースでは、水道管の損傷が考えられます。こういう場合は、必ず業者に水道管の状態を確認してもらうようにしてください。 

給湯器の故障 

電気温水器に変えた直後からシャワーの水圧が弱くなってしまった場合、殆どの場合は給湯器が原因となります。特に一番多い原因は、電気温水器自体の能力の問題によるものです。シャワーを使うのに必要な能力が足りていない、元々の仕様でシャワーの水圧が低めになる、などが挙げられます。 

元々、電気温水器の場合はガス給湯器と違って水道の水圧をそのまま利用することができません。水道からやってきた水を、一旦自身のタンクに温水として保管し、そこからお湯を利用するというシステムになっているためです。また、突然シャワーの水圧が下がった場合は、給湯器の故障を一番に疑いましょう。故障によって、通常時の水圧が出せなくなるということもありますので、注意が必要です。 

電気温水器に交換してシャワー水圧が弱くなった時の対処法 

ここまでで、電気温水器が水圧を出しにくいものであるということがおわかりいただけたと思います。しかし、原因さえわかればシャワーの水圧を復活させることも十分可能です。ここでは、電気温水器で低くなってしまった水圧を復活させる方法についてご紹介します。 

入浴中はシャワー以外お湯を使用しない 

電気給湯器の場合、深夜に貯めたお湯を日中に使っていく、というシステムなので、一度にお湯を利用する場所が多ければ多いほど、力が分散されて水圧が下がってしまいます。なので、入浴でシャワーを利用している際には、キッチンなど他の場所でお湯を使わないようにしてみてください。これだけでも、かなり水圧をあげることが可能です。 

シャワーヘッドを交換する 

シャワーの水圧だけが強くなれば良いという方は、シャワーヘッドを交換するだけでも強い水圧を感じることができるようになります。 

シャワーヘッドは目詰まりしやすいので、歯ブラシなどで目詰まりを解消させるだけでも多少水圧が復活することはありますが、それでも物足りないという場合は程水圧用シャワーヘッドに交換するのがおすすめです。 

少ない水量でも強い水圧を感じることができる設計になっていて、給湯器そのものを交換するよりも遥かに低予算で強い水圧が実現できます。 

元栓・止水栓を調整する 

シャワーの水圧は、元栓や止水栓を調整することである程度復活させることが可能です。特に止水栓は、シャワーの水圧に直結する大きなポイントです。普段、あまり動かすことがない場所なので操作がしづらいかもしれませんが、止水栓を開けば水圧は強まります。 

なお、止水栓を調整すれば、そこから水圧が弱くなることはほぼありません。もしまた水圧が弱まることがあれば、他に原因があると考えるのが妥当です。 

給湯器を交換する 

今使っている給湯器では能力不足、または故障してしまって水圧が下がっている場合には、電気給湯器の交換を検討することをおすすめします。電気給湯器の場合、標準タイプとされているものは総じて水圧が低めになります。「高圧タイプ」「水道直圧タイプ」と記載されている機種を選ぶことで、シャワー時でも心地よい水圧を感じられるようになるでしょう。 

電気温水器のメリットとデメリット

電気温水器は、コストや安全性などにおいてメリットがとても多い機器です。
ここでは、電気温水器のメリットとデメリットも紹介しています。詳しく知りたい方はご参照ください。
電気温水器のメリットとデメリットについて解説

シャーワーの利用が多ければ電気温水器を使おう

シャワーをよく利用する方には、貯湯量の多い電気温水器を使うことをおすすめします。
また、ランニングコストの面も考えると、エコキュートへの交換も効果的でしょう。

電気温水器の問題点の解消法を解説についての詳しい説明は下記をご覧ください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事