給湯器を交換する際に知っておきたい、 失敗しない給湯器の選び方4つのポイント

給湯器には種類があり、またメーカーや機種も様々。

「どの給湯器を選べばいいの?」そうお困りの方も多いですよね。

そこで今回は私の経験をもとに、給湯器を選び方の4つのポイントでざっくりお伝えします!

設置場所を踏まえて選ぶ

まず給湯器の設置場所から、あなたのお家の給湯器のタイプを特定しましょう!

給湯器のタイプおよび設置場所は、ざっくり戸建てとマンション(集合住宅)で異なります。これにより使えるものと使えないものが分かれてきます。

次に『現在の給湯器がどの場所に設置されているか』を確認しましょう。
それによって設置できる給湯器のタイプを絞ることができます。

戸建ての場合
  • 家の外壁に給湯器が固定されている……壁掛タイプ
  • 屋外の床に置かれている……据置タイプ
マンション(集合住宅)の場合
  • ベランダの壁に固定されている……壁掛タイプ
  • 玄関脇のパイプシャフトの中に入っている……PS設置タイプ

必要な機能を踏まえて選ぶ

次のポイントは『どこまでの機能を給湯器に求めるか』です。

下記を参考にしてみてください。

  • 給湯のみ……給湯専用機・高温水供給式タイプ
  • 給湯・追い炊きのみ……ガスふろ給湯器・風呂釜タイプ
  • 給湯・追い炊き・浴室暖房機能……給湯暖房用熱源機
※『追い炊き』機能の付いた給湯器を選ぶ場合は、オートタイプか、フルオートタイプかも選択できます。
  • オートタイプ……お湯はり+追い炊き+保温までが自動
  • フルオートタイプ……お湯はり+追い炊き+保温+たし湯までが自動

家族の人数で選ぶ

家族の人数も重要なチェックポイントになります。
なぜなら給湯器の号数によって、一度に使えるお湯の量(給湯能力)が変わるからです。

号数は、『一分あたりに、もとの水の温度から25°温めたお湯を1L供給できる能力』を1号として表されます。

ざっくり給湯器の号数は、16号、20号、24号の3種類です。

  • 1名~2名……16号タイプ
  • 2名~3名……20号タイプ
  • 4名~5名……24号タイプ

初期費用を抑えたいか月額費用を抑えたいかで選ぶ

最後のポイントは『初期費用・月額費用どちらをより抑えたいか』というものです。

給湯器にはエコジョーズという種類があります。

エコジョーズとは、光熱費が節約できる&二酸化炭素の排出量が少なく環境にやさしい(=エコ)給湯器のことです。

エコジョーズは従来の給湯器より本体価格が高めに設定されているのですが、反面少ないガスの使用量で効率よく給湯できるため月々のガス代が安くなります。エコジョーズは、従来の給湯器よりも本体価格が高めです。しかし、エコジョーズは少ない量のガスで効率よくお水を温めることができるため、月々のガス代が安くなるというメリットがあります。

※リンナイ社によると、エコジョーズに交換すると、それまでの給湯器に比べて約10%~15%ものガスの消費量を抑えることができるそうです!

お財布の状況を見て、ご自身にマッチした判断をするようにしましょう!

給湯器は4つのポイントを加味して選ぼう

給湯器は下記のチェックポイントを参考に選ぶと失敗が少ないと思います!
是非参考にしてみてください!

  • 設置場所を踏まえて選ぶ
  • 必要な機能を踏まえて選ぶ
  • 家族の人数で選ぶ
  • エコタイプにするかどうか選ぶ

当サイトでは、それらコスパやアフターサービスといった面から様々な給湯器交換業者を比較し、ランキングを公開しています。

「おトクに給湯器交換がしたい」

「給湯器選びも含めて丸投げしたいから親切な業者に依頼したい」

そうお考えの方は、ぜひ『給湯器交換業者の総合ランキング』をチェックしてみてくださいね!

あなたに合った給湯器交換業者がきっと見つかります!

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事