給湯器の交換業者の選び方は?6つのポイントを紹介

次の6項目が十分かどうかで、給湯器の交換業者を選ぶとよいです。

  • 対応可能エリア
  • 対応スピード
  • 対応が可能な時間
  • 保障内容
  • 施工実績数
  • 取り扱いメーカーや在庫

以下からは、それぞれを詳しく解説していきます。

まず業者の対応可能エリアがどこかを、給湯器交換業者を選ぶ際は確認しましょう。
当たり前ですが、業者の対応可能エリア内でなければサービスを受けることができません。そのため、まず初めに業者の対応可能エリアを確認します。業者の対応エリアに、給湯器を交換したい家屋が入っているかどうか判断しましょう。

ポイント②対応スピードは速いか?

給湯器交換業者の対応スピードは重要なポイントです。
給湯器が故障する時期は選べません。ある日突然故障してしまうこともあります。給湯器の故障によってお湯が出ない期間はできるだけ短くしたいですよね。
スピード対応をしてくれる業者であれば、修理を依頼した当日にお湯が出るようにしてくれます。
「すぐにお湯が出るようにしてほしい!」という時は、対応スピードが速い業者かどうかもチェックしましょう。

ポイント③対応が可能な時間はどうか?

給湯器交換業者によって、対応が可能な時間は異なります。
たとえば『24時間365日対応が可能』というところもあれば、『17時まで受け付け可能』や『土日は対応していない』など様々です。

「金曜日の夜に給湯器が故障してしまった。月曜日までお湯が出ないのは困る。すぐに修理してほしい」という時や、「土日しか立ち会えない」という方は、業者の受付時間や土日に対応してもらえるかどうかをチェックしましょう。

ポイント④保障内容は充実しているか?

時間が経つと、給湯器は壊れやすくなります。機械なので仕方ありません。
給湯器のメーカーは3年の修理保障をつけています。しかし3年では十分な期間とはいえません。そのため、業者が3年目以降にも修理保障をつけてくれるかどうかは重要なポイントです。
10年間の給湯器の修理保証をつけてくれる業者もいます。

ポイント⑤業者の施工実績数は多いか?

業者の施工実績数が多いかどうかもチェックしましょう。
多様な事例を経験し、施工実績数が多い業者はノウハウを蓄積しています。そのため、工事の進行がスムーズです。ミスも少ないです。

また、給湯器の長期修理保証を受けるという観点からも、業者の施工実績数は重要なチェックポイントとなります。なぜなら、業者が倒産してしまっては保障が受けられないからです。施工実績数が多い業者は、それだけ利用者が多いということです。多くの利用者に支持されている業者は、倒産するリスクが低いです。
スムーズな工事をしてもらうことはもちろん、工事後に長期保証を受けるためにも、業者の施工実績数は確認しましょう。

ポイント⑥取り扱いメーカーや在庫は豊富か?

取り扱いメーカーや在庫が豊富な業者であれば、すぐに希望通りの給湯器の交換や修理をしてくれます。一方、依頼しようと決めた業者が欲しい給湯器のメーカーを取り扱っていなければ、給湯器を妥協することになります。
給湯器の在庫がなければ入荷まで待たなくてはなりません。当然、待っている期間にお湯はでません。

また、取り扱いメーカーや在庫が少ない業者の場合、修理を依頼しても時間がかかることが多いです。給湯器の修理に必要な部品を取り揃えていないからです。
早く、妥協なく給湯器を交換したいなら、業者の取り扱いメーカーや在庫が豊富かチェックしましょう。

条件を満たした給湯器交換業者に依頼しよう

給湯器交換業者を選ぶ際は、次の6つのポイントを確認しましょう。

  1. 対応可能エリアはどこか?
  2. 対応スピードは速いか?
  3. 対応が可能な時間はどうか?
  4. 保障内容は充実しているか?
  5. 業者の施工実績数は多いか?
  6. 取り扱いメーカーや在庫は豊富か?

上記6つの条件を満たした給湯器交換業者に依頼すると、給湯器交換で失敗する確率が低いです!

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事