エコキュートの交換時期はいつ?交換の費用相場と併せて紹介

現在エコキュートをご使用の方、これからエコキュートの購入を検討している方は、エコキュートの相場や何年くらい使えるのかが気になりますよね。
ここでは、エコキュートを交換する時期の目安と費用の相場を紹介します。

エコキュートの部品の耐用年数は?

主なエコキュートの部品と耐用年数(寿命)は以下の2つです。

  • ヒートポンプ:5~15年
  • 貯水タンク:10~15年

上記のエコキュートの部品は、メンテナンスをすることで長く使えます。
また、部品だけの交換も可能です。

エコキュートの交換(買い替え)のサインは?

エコキュートは、耐用年数が近くなると次のようなサインが現れます。

  • お湯が出なくなる
  • お湯が設定した温度よりもぬるい
  • エラーが頻発する
  • エコキュートから水漏れがする

上記のようなサインが見られたら、エコキュートの交換(買い替え)を検討しましょう。

エコキュートの交換の費用相場は25万円~50万円!

エコキュートの交換にかかる費用相場は、ざっくり25万円~50万円です。
エコキュートの交換費用は、エコキュート本体の購入費用と取り換え工事費用の合計です。

エコキュートの交換費用の内訳は?

エコキュートの交換費用の内訳は、以下の通りです。

  • エコキュート本体の購入費用:15万円~35万円
  • 取り換え工事費用:10万円~15万円

上記のエコキュートの本体購入費用と取り換え工事費用を合計すると、25万円~50万円になります。
エコキュートの本体の購入費用は、機能が付くほど高くなります。

また、取り換え工事費用は、設置場所を変更するといった工事を含むと高くなります。

見積もりを取る際は追加費用に注意しよう

エコキュートの交換工事の内容は、以下の通りです。

  • 現在設置されているエコキュートを取り外して撤去する
  • 撤去したエコキュートを処分する
  • 新しいエコキュートを設置する
  • 新しいエコキュートの電気工事

業者が提示するエコキュートの価格は、『工事費を含む』としていることが多いです。
ですが、上記にあげた工事内容のうちの『撤去したエコキュートを処分する』に別途追加費用がかかることがあります。
見積もりを取る際には、追加費用が発生するかどうかも確認しましょう。

エコキュートの寿命が短くなる3つの原因 

エコキュートの寿命が短くなってしまう原因は3つ挙げられます。
それぞれ解説しましょう。 

機器の設置場所が悪い 

機器の設置場所が悪いと寿命が短くなってしまいます。
湿気・ほこりの多い場所や屋外は避けたほうが良いでしょう。

設置場所が良くても、エコキュートの周りにスペースが空いていないと同様に寿命が短くなってしまうため注意が必要です。
置く場所は十分に検討するようにしましょう。 

機器に適さない入浴剤を多用している 

機器に適さない入浴剤を多用すると寿命が短くなりやすいです。
各メーカーによって使用できない商品は異なりますが、例えば以下のような性質を持つ入浴剤は使用を避けるべきといえます。 

適さない入浴剤 

  • とろみのある入浴剤 
  • ミルク成分を含む入浴剤 
  • 製薬成分を含む入浴剤 
  • 硫黄・塩分・アルカリ・酸などを含む入浴剤 

メーカーによって推奨される入浴剤は異なるため、説明書などを確認しましょう。 

機器に適さない水を使用している 

最後に、機器に使用する水の水質が適していない場合。
井戸水・温泉を使用するエリアでエコキュートを使うと、寿命が短くなりやすいのです。 

井戸水にはカルシウムなどの硬度成分が含まれており、配管が詰まる原因になります。
また井戸水・温泉を使うとメーカー保証対象から外れてしまうこともあり、トラブル発生時に無料で修理してもらえなくなるリスクも。 

もし該当エリアで使用する場合は、通常の寿命よりも短くなりやすいことを理解しておきましょう。
近年は井戸水に対応したエコキュートも販売されているので、検討してみるとよいかもしれません。 

エコキュートの寿命を延ばすコツ 

エコキュートはコツを押さえれば寿命を延ばせます。
ここでは具体的なコツを4つ紹介。ぜひ実践してみてください。 

定期的なメンテナンスを行う 

長持ちさせるには、やはり定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
メンテナンスをサボると、寿命が短くなりやすいだけでなく消耗部品が破損したり浴槽のお湯が汚れてしまったりといった事態になりかねません。
定期的にメンテナンスを行い、安全かつ長く使えるようにしましょう。 

定期メンテナンスは自分で行う方法・業者に行ってもらう方法の2種類があります。
業者のメンテナンス頻度は2年~3年に1回程度。
自分で行うメンテナンスは年に2回~3回行うのがおすすめです。 

設置する環境に適した機器を選ぶ 

設置する環境に適した機器を選びましょう。
潮風が当たりやすい海の近くや寒冷地に設置する場合、環境に適した専用機器を使用する必要があります。

耐塩害仕様・寒冷地仕様のエコキュートは多くのメーカーで販売されているので、ぜひ検討してみてください。
受注生産で設置までに2~3か月の期間を要するメーカーもあるため、余裕をもって問い合わせることをおすすめします。 

新型コロナの影響も

給湯器は、製品の組み立ては国内で実施しているものの、部品自体は、東南アジア地域中心で生産したものを多くのメーカーが調達しています。

そのため、一部メーカーでは納期の遅延が発生しています。
こちらの記事では、詳しい状況と今後の見通しについて記載しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

新型コロナで給湯器の納期が遅れる理由

設置する水質に適した機器を選ぶ  

井戸水・温泉などを使用するエリアで通常のエコキュートを使うと、寿命が短くなる可能性があります。
エコキュートを設置する前に、水質を調査しましょう。

井戸水・地下水に対応するエコキュートがあるので、長く使いたい人は検討をおすすめします。
水質が原因でメーカー保証から外されることがありません。
通常のエコキュートを該当エリアで使う場合は、メーカー保証が受けられないこともあるため注意しましょう。 

メーカーが推奨する入浴剤を使用する 

入浴剤を使用する場合は、メーカーが推奨するものを使うようにしましょう。
エコキュートを販売する各メーカーが推奨する入浴剤は以下の通りです。 

各メーカー推奨の入浴剤 

  • 三菱:バブ(にごりタイプ不可) 
  • パナソニック:バブ・バスクリン・きき湯(にごりタイプ不可) 
  • コロナ:バブ・バスクリン・きき湯・バスロマン 
  • ダイキン:バスクリン・きき湯(にごりタイプ不可) 
  • 日立:バブ・バスクリン・きき湯・バスロマン 
  • 東芝:バブ・バスクリン・きき湯・バスロマン 
  • デンソー:バブ・バスクリン・きき湯 

    メーカー推奨の入浴剤を使い、寿命を延ばしましょう。 

    耐用年数や費用を踏まえて計画的にエコキュートへ交換しよう

    エコキュートの耐用年数は10~15年です。
    また、エコキュートの交換にかかる費用相場は25万円~50万円です。
    エコキュートへ交換する際は、耐用年数や費用を踏まえた計画を立てましょう。

    当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!
    良かったらチェックしてみてください。

    サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

    サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


    ライフアドバンスジャパン
    当サイトおすすめ度No,1
    ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

    クラシアン

    CMでおなじみ!安心の大手
    クラシアンの詳細はコチラ

    正直屋
    独自のサービスが盛りだくさん
    正直屋の詳細はコチラ
    おすすめの記事