給湯器のリモコンが故障した際の3つの対処方法を紹介

給湯器を使用していると、リモコンが操作できない、リモコンの液晶画面が点滅しているなどの不具合が起こることがあります。

ここでは給湯器のリモコンが故障した際の3つの対処方法を紹介します。

給湯器のリモコンが故障した際の対処方法は、主に以下の3つです。

  • リモコンの電源を入れなおす
  • 給湯器の電源プラグを差しなおす
  • 業者にリモコンの修理を依頼する

以下からは、それぞれの対処方法を詳しく見ていきましょう。

対処方法①リモコンの電源を入れなおす

一時的なエラーが起こっている場合は、給湯器のリモコンの電源を入れなおすことで直ります。一時的なエラーとは、例えば以下のようなものです。

  • 操作画面が点滅している
  • ボタン操作に反応しない
  • エラーコードが表示されている

この場合は、リモコンの電源を一度切り、再度電源を入れなおしてみてください。正常にリモコンが動作することがあります。

対処方法②給湯器の電源プラグを差しなおす

給湯器の電源プラグを一度抜いてから差しなおすと、リモコンが復旧することがあります。
電源プラグの差しなおしは、停電やブレーカーが落ちたことで給湯器の電源が切れてしまっている場合に有効な対処方法です。落雷によって安全装置が作動している場合も、電源プラグを差しなおすことでリセットできます。

対処方法③業者にリモコンの修理を依頼する

上記の対処方法でリモコンが直らない場合は、業者にリモコンの修理を依頼しましょう。
リモコンの基盤や配線などが故障している可能性が高いからです。基盤や配線の故障は自力では直せません。
給湯器のメーカーや、給湯器の販売・設置業者などに連絡をして、リモコンの不具合の症状を具体的に伝えてください。
ただし、給湯器の機種ごとに、使用できるリモコンは決まっています。問い合わせたメーカーや業者に適合するリモコンの在庫がないことや、製造が終了してしまっていることもあります。この場合は、リモコンだけでなく給湯器ごと交換する必要があることを覚えておいてください。
また、もし給湯器を設置して間もない場合は、給湯器本体やリモコンの初期不良、施工不良の可能性もあります。この場合は、給湯器の設置をしてもらった業者に修理を依頼しましょう。初期不良や施工不良の場合は、無償で修理してもらえることがあります。

給湯器本体やリモコンの電源を入れなおしても直らない場合は業者に修理を依頼しよう

給湯器のリモコンが故障した際は、以下の方法で対処しましょう。

  • リモコンの電源を入れなおす
  • 給湯器の電源プラグを差しなおす
  • 業者にリモコンの修理を依頼する

リモコンや給湯器本体のエラーが原因の場合は、電源を一度抜いてから差しなおしてみましょう。通常通りに動作するようになります。
電源を差しなおしても直らない場合は、基盤や配線の故障が考えられます。自力では直せないので、給湯器の修理や交換を行っている業者に連絡をしましょう。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事