雨の日だけ調子が悪い給湯器への対処法

「雨の日だけ給湯器の調子が悪い。どう対処すればいい?」と悩んでいる人もいるでしょう。

なぜ雨の日だけいつも通り作動してくれないのか?

ここでは、雨の日だけ調子の悪い給湯器にどう対処すべきかについてお伝えします。

雨の日だけ不調!そんな給湯器の対処法とは?

雨の日だけ給湯器の調子が悪いと悩んでいる人のために、対処法を紹介します。

1.給湯器に雨や湿気が入り込まないようにする

給湯器に雨や湿気が入ってこないよう、ブルーシートやトタンなどで屋根を作るのもおすすめです。

ただし完全に覆ってしまうと排気がたまりこみ、危険な状態になってしまうので気をつけましょう。

2.下部に水がたまらないよう保護する

給湯器周辺に水たまりができてしまい、下側から雨水が侵入する可能性もあります。

防ぐためにも、給湯器の下の地面に水がたまらないよう、プラスチックの板やシートを敷くのも一つの手です。

ほかにも給湯器の底に架台を設置し、高さを出すことで、水の侵入を予防できます。

3.晴天時に乾かす

機器本体への浸水の場合、コネクターが濡れた程度であれば、晴れの日に2~3日自然乾燥させるだけで、正常に作動する可能性があります。

完全に乾いたあと、コンセントを抜き差ししてリセットすれば、元通りになるケースが多いです。

4.修理や交換を依頼する

耐用年数を過ぎているような古い給湯器の場合、修理や交換を依頼したほうがいいかもしれません。

基本的に、給湯器は10年を過ぎれば、寿命です。

晴れの日は正常かもしれませんが、いつ作動しなくなるか分かりません。

雨の日だけの不具合で済んでいるうちに、修理・交換をしておいたほうが、本当にお湯を使いたい入浴前などに突如壊れるといった事態を防げる可能性が高いです。

雨の日に限らず給湯器の調子が悪いときは、適切に対処しよう

暴風雨が原因で、給湯器の調子がおかしくなることもあると思います。

給湯器内には雨水は侵入できないよう設計されていますが、耐用年数が過ぎた古いものなどであれば、劣化が進み、ひび割れなどができているかもしれません。

給湯器内に雨水や湿気が入り込んでしまい正常に作動しないときは、上記の方法等を用いて適切に対処することをおすすめします。

当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事