給湯器がうるさい!考えられる原因と対策について

「給湯器がうるさい」と思われたら、必ず原因を突き止めることが大切です。
異音を発するということは、故障寸前であったり、ガス漏れが発生したりする前触れであることもあります。
そこで、給湯器からうるさい音が鳴る原因についてご紹介していきます。
故障の危険性が高いようであれば、可能な限り早めに新しい製品に交換しましょう。

給湯器から出るうるさい音の原因

給湯器からうるさい音が出る場合、次のような原因が考えられます。

給湯器が駆動している

本体が駆動することで音が発生されることがあります。
本体が正常に動いている証拠であるため、故障などの心配はありません。
駆動しているときの音は「ウィーン」というモーターのような音や、「パチッ」と着火するような音です。
モーター音や着火音が聞こえた場合は、本体が駆動している音だと考えてください。

配管内の部品が破損している

配管内の部品が破損している場合も、給湯器からうるさい音が発せられます。
本体が作動する際に、内部部品のかけらが動いたり、本体にぶつかったりすることでうるさくなるのです。
耳鳴りのように甲高い「キーン」という音、小さな破片がぶつかるような「カラカラ」という音が聞こえるなら、本体の点検・修理・交換をおすすめします。
本体が動いている最中に異音が聞こえる場合は、配管内部品の破損を疑ってみましょう。

燃焼系・電装系装置に異常が起きている

燃焼系装置や電装系装置に異常が起きていることも、本体からの異音の原因です。
給湯器からうるさい音が聞こえる事例の中で最も危険性が高く、ガス漏れや不完全燃焼の原因にもなり得るためすぐに対処してください。
具体的には、スイッチを入れたときや給湯を始めた段階で、「ボンッ」と小さく爆発するような音が聞こえます。
本体から爆発したような音が聞こえたら、燃焼系・電装系装置に異常が起きている可能性があるため、すぐに使用を中止して点検してもらうことをおすすめします。

ファンがクールダウンしている

クールダウンのためにファンが作動しているときにも、本体からうるさい音が聞こえます。
稼働により温まった本体をクールダウンさせる機能が働いている証拠であるため、本体の異常ではありません。
「フォーン」というモーターのような音がしているなら心配はないでしょう。
給湯をした後にモーター音が聞こえたら、本体をクールダウンしている最中だと考えてください。

ファンに異常が起きている

給湯器からうるさい音が鳴り続けている場合は、ファンに異常が起きている可能性もあります。
ファンは本体をクールダウンさせるときに作動音を発しますが、ファンの周りに異物があったり、故障していたりする場合も音を発することがあるためです。
「フォーン」というモーター音が鳴り続けている、金属音が混じっているという場合は故障を疑ったほうが良いでしょう。
音が鳴り止むかどうかを確認し、鳴り止まないようなら点検してもらうようにしましょう。

給湯器から出る音の種類 

給湯器から発生する音には、様々なものがあります。給湯器から発せられる音が正常なものなのか、異常なものなのかを知るためにも、まずは給湯器から出てくる音の種類をご紹介します。 

給湯器から出る4つの作業音 

給湯器から出てくる音には、大きく分けて4つの種類があります。 

まずはガスを燃焼する時の音です。低い周波数を出す音で、ガスコンロを使うときと似たような音だと感じられるかと思います。 

次に給湯器内への空気を出し入れするファンの音です。燃焼音と比べると高めの音が出るのが特徴です。水が熱交換器を通過するときに発生する音についても、給湯器を使用している以上は必ず発生する音となります。 

最後に、暖房を使用する際の音です。暖房に使用するための温水循環ポンプから出てくる音となります。 

これらは全て、給湯器を利用するうえではどうしても出てきてしまう音なので、交換や修理ではどうすることもできません。 

正常時の給湯器の音の例 

では具体的に、正常時に発生する音の例をご紹介します。 

最もよく聞かれる音は、モーターの「ウィーン」という音、そしてファンが回転することで発生する「フォーン」という音です。他にも、ポンプが動いたりお湯を循環させたりするときの「グワングワン」という音や、熱交換器に結露の水が垂れてしまったときに発生する「ジュッ」という蒸発音も聞かれます。ただし、あくまで目安なので、故障していても似たような音が出る例もあります。何か不審な点があれば、すぐにプロに確認してもらうのがおすすめです。 

故障時の給湯器の音の例 

次に、故障が発生したときによく聞かれる音をご紹介します。 

給湯器内部から聞かれる故障音の例としては、ファンモーターの異常による「ピー」という音、不完全燃焼している際の「ボンッ」という音、部品が欠損・破損した際の「カラカラ」という音が挙げられます。 

また、排気口にゴミなどの異物が入ると「ゴォー」という音が大きくなったり、パイプが俺曲がったことで風呂釜から「ポコンポコン」という音が聞こえたり、配管内の圧力変化による「キーン」という音も、故障を疑うべき音です。 

こうした音が出ていると感じたら、まずはリモコンもしくはモニターをチェックし、エラーコードが出ていないか確認してみましょう。出ていたら写真を撮るかメモを取って、修理業者に伝えてください。  

給湯器から出る騒音の対策 

給湯器からは、正常音であってもそれなりに騒音が出てきます。そうした騒音に対する対策方法について、ここではご紹介します。 

設置場所を調整する 

特に、夜の間給湯器の音がうるさくて眠れない場合、設置場所の調整を検討してみてください。ちなみにエコキュートの場合は、給湯器そのものを動かさなくても、ヒートポンプユニットだけの移動も可能です。隣家との兼ね合いも考えつつ、騒音で迷惑にならない場所に移動させてみてください。給湯器やヒートポンプユニットの置き場所、置き方に関するガイドブックが、日本冷凍空調工業会から出ています。こうした資料も要チェックです。 

夜遅くの使用を避ける 

深夜に大量のお湯を使うことを避けるだけで、騒音はかなり軽減されます。深夜にお湯を作るようなエコキュートタイプの給湯器では、この方法はあまり有効ではありません。しかし、それ以外ならかなり使える手法です。 

遮音マットや遮音壁で音を閉じ込める 

給湯器そのものを、遮音マットや遮音壁を立てて閉じ込めてしまうことで、騒音はかなり軽減されます。しかし、壁の種類によっては逆に音が反響してしまうことも考えられるので、よく考えて設置しましょう。また、遮音壁を立てるとなるとそれなりに費用もかかってきますので、その点にも注意が必要です。 

振動から発生する騒音を防止する 

給湯器の据付がきちんと行われていないと、給湯器そのものが振動して騒音を発生させるケースがあります。業者にお願いして据付をきちんとやり直してもらうことはもちろん、それでも改善されなければ防振ゴムなどを利用して振動を少しでも減らしてみましょう。 

故障と思われる給湯器の症状の原因と対処方法

給湯器の故障が疑われる際に確認したい原因と対処法を、症状ごとに紹介します。
詳しく知りたい方はご参照ください。
故障と思われる給湯器の症状の原因と対処方法

給湯器がうるさいなら原因を突き止めて対処を

給湯器からうるさい音が鳴っているなら、原因を突き止めて、正しく対処することが必要です。
今回の記事では原因をご紹介しましたが、正常に作動しているために音を発しているケースもあるものの、故障や異常が原因で音を発しているケースも少なくありません。
そのまま放置すると、突然動かなくなったり、ガス漏れが発生したりする可能性も考えられます。
ご紹介した内容を参考にしながら音を聞き分け、原因を追求して修理・点検・交換も検討しましょう。

当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事