給湯器交換を安い価格で!本体購入・交換・設置を安くするための方法

給湯器は本体の購入から設置まで高いお金を払うので、とても大きな買い物です。
一般の人では給湯器を買う時に値段を見ても、なぜ高いのか、どうしたらリーズナブルな価格で購入することができるか気になるはずです。

そこで、給湯器をできるだけ安く購入、設置する方法について詳しくご紹介していきます。
給湯器の交換や購入を検討している人は参考にしてみてください。

給湯器の価格がわかりにくい理由

新しく給湯器を設置しようと思うと、どのくらい費用がかかるのか考えても、ざっくりとした答えしかでません。
給湯器を購入する場合、本体価格以外にも色々と付帯費用がかかるのと、設置費用が一緒に表記されることが多くなっています。

結果的に、なるべく安い価格で給湯器を購入しようと考えてもどのくらいの価格が安いのかがわからなくなってしまうのです。
ここからは、給湯器の価格を構成する費用について詳しく掘り下げて解説していきます。

給湯器の設置費用

メーカーのカタログに記載されているのは本体価格だけで、それに加えて工事費用や付属品の代金がかかります。
工事費は設置する環境によって変わってきますから、正確な費用は見積もりを取らないと分かりません。

もし、できるだけ給湯器を安く買いたいならネット通販を利用することがおすすめです。
メーカーや給湯能力によってさまざまなものが売られているので、住んでいる状況や好みに合わせて買うことができます。

本体の値引率

給湯器の本体価格は購入場所などによっても違ってきます。
この価格の違いには割引率が関わっていて、給湯器メーカーやガス会社は値引き率が低く、ネット通販や給湯器販売業者の方が値引き率が高い傾向にあります。

普通にメーカーから買えば、値引きは約2割程度で通販などで、通販などで買うと値引き率は58割ととてもお得に買うことが可能です。
もっとも割引率が高い傾向にあるのは、やはり人件費等を削ることが可能なネット通販だといえるでしょう。

ただ購入時に大きな値引きがある給湯器は、給湯器メーカーが作ったOEM商品というケースがあります。
ネット通販などで購入する場合には、商品情報をよく読んでから買わないとそういったOEM商品を正規品として間違って買ってしまうようなケースも出てくるでしょう。

結局安く買えても、それが正規のもので取り付けができるものでなければ買うだけ無駄になってしまうので、給湯器に詳しくないなら業者にお任せするのが無難でしょう。

工事費用込みの価格

給湯器を購入する上でかかるのが工事費です。
もし給湯器のみ購入する方は設置費用も別途が必要になります。
一般的に給湯器の取り付け費用は10万~30万です。

工事費は新規でつけるのか、付け替えになるのか、設置する場所の状況によっても値段が変わるので設置場所を確認してもらい見積もりを取ってもらってください。
細かく設置費用を知りたい場合は見積もり時に内訳を見ることで確認することができます。

給湯器の寿命は10年~15年と言われています。
交換や設置の費用を安くするには、交換のタイミングがポイントです。
給湯器の設置が多くなるのは冬なので寒い時期に故障してからでは遅く、設置するにしても順番待ちで何日も待つことになります。

注文も多くなるので、業者も冬は設置、交換費用が高くなるところもあります。
そこで、交換や設置は季節外れを狙い、余裕を持って3社以上の見積もりを取りましょう。
おおよそ3社の見積もりを取ることで、比較的購入費用が安い会社を見つけ出すことが可能となります。
そのうえで、見積もり時に内訳を確認して工事費用の部分を明らかにしましょう。

特におすすめの時期は、夏です。
夏場はお湯や暖房を使用しないため、売れ行きが悪く安価で給湯器を販売する業者は多いです。
そのため、少しでも安く給湯器を購入したいと考えている方は、ぜひこちらの記事からご検討ください。

なぜ夏は給湯器の交換金額が安い時期なのか?

給湯器本体を安く買う方法

給湯器本体を安く買う方法を2つご紹介します。

給湯器交換業者から購入する

給湯器本体を安く購入するには、給湯器交換業者から購入しましょう。
給湯器の交換を請け負っている業者では、給湯器本体を大幅に割引して販売していることがあります。
例えば、定価より60%~80%程度の価格で販売していることも多く、定価で販売している一般的な小売店で買うよりも圧倒的に安くなるためです。
もちろん、販売価格や割引価格は業者により異なるため、割引率が高い業者を見つけることも必要でしょう。
給湯器本体を安く購入するには、割引率が高い業者を見つけ、対象の給湯器交換業者から購入することをおすすめします。

中古の給湯器を購入する

給湯器本体を安く購入するには、中古の給湯器を探すこともひとつの方法です。
中古の給湯器は、さまざまなところで新品価格より安く販売されています。
オークションサイトやリサイクルショップ、地元の掲示板などを確認すると、中古の安い給湯器が販売されている可能性も。
中古給湯器が1台も見つからないこともあるでしょうが、タイミングが良ければ格安で購入できます。
給湯器本体を安く購入するためには、中古品を探してみてください。

給湯器の交換・設置を安くするための方法

それでは次に、給湯器交換と設置を安くするための方法をご紹介します。

ネットの給湯器交換業者から購入する

最も安い給湯器交換・設置の方法は、ネットの業者を利用することです。
実店舗を持たずネット経由でサービスを提供している業者は、店舗維持費や広告費、人件費などのコストを削減できることから安い料金での交換・設置が可能。
例えば、「ライフアドバンスジャパン」では、基本的な工事をすべて含めた「標準工事費」を一律で定め、わかりやすく安価な料金体系を実現させています。
ホームセンターやメーカー、ガス会社などでも交換・設置は行ってもらえますが、ネットの業者と比較すれば圧倒的に割高でしょう。
給湯器の交換・設置費用を安くするためには、ネットを中心に活動している業者を選ぶべきです。

相見積もりをとる

給湯器の交換・設置を安くするためには、相見積もりをとりましょう。
ネットでサービスを提供している業者は安いですが、複数の業者から見積もりをとらなければ比較ができず、最も安い業者を見つけることはできません。
もちろん工事費用や料金体系は業者ごとに差があり、数万円もの料金差が現れるケースも。
安い給湯器交換業者を見つけるためには、相見積もりをとることが欠かせません。

給湯器交換はネットの業者を利用すれば安い!

今回ご紹介した記事の内容をまとめると、「給湯器交換はネットの業者を利用すれば安い」ということになります。
給湯器の交換費用をなるべく抑えたいという方は、給湯器本体価格に割引が適用され、ホームセンターやメーカーより安く工事を行っているネットの業者を利用しましょう。
ただし、業者によって本体価格や工事費用は異なります。
複数社から相見積もりをとって、最安値で交換工事が行える業者を見つけてください。

当サイトでは給湯器交換をお考えの方のために、おすすめの給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事