給湯器の凍結予防には何をするのが効果的?

「給湯器の凍結を予防したい!」と考えている人も少なくないと思います。
冬場にある日突然起こる、給湯器の凍結。
寒いときにお湯が使えなくなってしまったら困りますよね。
そのようなことが起こらないよう、事前に予防策を講じておきたい人のために、適切な方法をお伝えします。

給湯器の凍結防止に効果のある方法

給湯器の凍結予防のため行っておきたい3つの方法を紹介します。

給湯機本体の凍結防止機能を利用する

給湯器には、「凍結予防ヒーター」と「自動ポンプ運転」と呼ばれる2つの凍結防止機能があらかじめ付けられています。
凍結予防ヒーターを利用することで、外気が凍結しそうなほど冷え込むと、給湯器内の配管を自動で温めるヒーターが作動するようになります。
また浴槽内に循環金具より5cm以上の残り湯を残した状態で、自動ポンプ運転を利用すると、給湯器と浴槽を循環させる追い焚き機能が自動的に働き、凍結を防止します。
これらの機能を使用するには、電源プラグがつながっている、分電盤の電源が入っていなければなりません。
日頃から、電源プラグが抜けていないかなど確認しておきましょう。

お湯を少しだけ出しっぱなしにする

水を流すことも、凍結防止に役立ちます。
そのため、少しだけでかまいませんので、あえてお湯を出しっぱなしにしてみてください。
ただし出しっぱなしにすることで、水道料金などが高くなってしまうので、注意が必要です。

水抜きをする

水抜きとは、配管内の水を抜くこと。
まず運転スイッチを切り、ガス栓と給水元栓を閉めます。
その後、給湯栓と給水水抜き栓、給湯水抜き栓などをすべて開放します。
こうすることで、機器内の水をすべて排出することができます。
詳しい方法は、使用している給湯器によって違いますので、取扱説明書をご覧ください。

給湯器を凍結させないよう日頃から注意しましょう

給湯器の凍結防止策を紹介しました。
“凍結”というと「寒い地域だけのことでしょ?」と思われるかもしれませんが、いつどこでどのような寒波がおそってくるか分かりません。
ある日突然、お湯が使えなくなってしまったら困ると思います。
そうなる前に、しっかり予防策を講じておきましょう。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事