冬の寒波に備るための、給湯器の凍結予防と凍結した際の対処法

「給湯器の凍結を予防したい!」と考えている人も少なくないと思います。
冬場にある日突然起こる、給湯器の凍結。
寒いときにお湯が使えなくなってしまったら困りますよね。
そのようなことが起こらないよう、事前に予防策を講じておきたい人のために、適切な方法をお伝えします。

給湯器が凍結してしまう原因 

まずは、給湯器が凍結してしまう原因にはどのようなことが考えられるのか確認していきましょう。

給湯器内の水温が0度以下

給湯器が凍結する原因の一つが、給湯器内の水温が0度以下になっているためです。水が凍るのは、水温0度になった時です。

気温が0度を下回り、給湯器や水道管が冷えるため、給湯器の中の水も凍ってしまいます。

水が動かない

水が給湯器内で動かず止まっていると、さらに凍りやすくなります。配管の中の水が動くと、水が凍るのを防ぐ効果が期待できるでしょう。

<h2>凍結する部分 

給湯器は色んな配管がついているため、1か所だけが凍るわけではありません。

取り扱い説明書を見ながら、凍結する可能性がある部分を確認していきましょう。

給湯器の本体内にある配管

給湯器の本体内の配管は、水道管とつながっている部分が金属製です。

熱伝導率が良いため、外の空気が冷たければ冷たいほど凍結しやすいのです。

給水・給湯配管

給湯器につながっている給水配管は、外の気温に触れているので温度の影響を受けやすく、凍結しやすくなっています。

凍結した場合の対処方法

気温が大きく下がった寒い日の朝、凍結して水もお湯も出ない場合があります。給湯器が凍結した場合、どうすればいいのでしょうか。

自然解凍

一番効果的な対処方法として、自然に解凍するのを待ってみましょう。日中になって気温が上がってくると、自然と凍っている部分の水が解けます。

時間があるなら、自然に解けて再び給湯器が使えるようになるまで待ちましょう。自然解凍して水が出るようになったら、給湯器からの水漏れがないか確認します。

水漏れが確認できた場合は、配管が壊れているかもしれません。業者に連絡しましょう。

早急な対処方法

1.給湯器のリモコンの電源をオフにする。(給湯器本体のコンセントは抜かない。)

2.蛇口を「お湯」にして、少し水を出す

3.ガス栓を閉めたら、給水の元栓を回す。(給水の元栓が回るが水が出ない場合は、元栓を閉めて他の部分の水が解けるのを待つ。)

4.給水の元栓が回らない場合は、配管にタオルなどを巻き、ぬるま湯をかける。

 やってはいけない注意点

ここからは、凍結時にやってはいけないことについて解説していきます。

熱湯を配管にかけない

給湯器の凍結でやりがちないのが、凍った水を溶かそうと、配管に熱湯をかける行為です。熱湯をかければ確かに水は溶けるかもしれませんが、配管を損傷する原因となります。

配管が損傷すると、その修理に高額な料金がかかりますので、安易に配管へ熱湯をかけないようにしましょう。

水分を拭き取らない

給湯器の配管にタオルを巻いてぬるま湯や水をかけて解かす方法を取る場合、その水分を放置するのはよくありません。残った水分が凍結し、給湯器内の水が凍るかもしれません。

水やぬるま湯をかける処置を行ったのであれば、そのままにせずしっかり拭き取るようにしましょう。

給湯器の凍結防止対策

ここからは、具体的にどのようにすることで凍結を防止できるのか、対策について詳しく解説します。

水を出す

お風呂や洗面台、シンクの水をほんの少し出しておけば、給湯器の配管の凍結予防となります。

チョロチョロ程度で大丈夫ですので、翌朝とくに気温が下がり凍結の危険がある場合は、事前に蛇口から水を出しておきましょう。目安として、翌日の最低気温がマイナス15度以下になる可能性がある場合には、蛇口から水を出しておくことがおすすめです。浴槽などで出した水を受けることで、一晩中水を出し続けていても問題はなくなるでしょう。

凍結予防ヒーター

給湯器にはもともと、凍結予防ヒーターの機能がついています。

冬に気温が下がったら、自動で給湯器内部の配管を温めてくれるのです。気温がどこまで下がったら自動的に作動するかは、メーカーによって違いがあります。

事前に取り扱い説明書を見て確認をしておきましょう。

給湯器の凍結防止に効果のある方法

給湯器の凍結予防のため行っておきたい3つの方法を紹介します。

給湯機本体の凍結防止機能を利用する

給湯器には、「凍結予防ヒーター」と「自動ポンプ運転」と呼ばれる2つの凍結防止機能があらかじめ付けられています。
凍結予防ヒーターを利用することで、外気が凍結しそうなほど冷え込むと、給湯器内の配管を自動で温めるヒーターが作動するようになります。
また浴槽内に循環金具より5cm以上の残り湯を残した状態で、自動ポンプ運転を利用すると、給湯器と浴槽を循環させる追い焚き機能が自動的に働き、凍結を防止します。
これらの機能を使用するには、電源プラグがつながっている、分電盤の電源が入っていなければなりません。
日頃から、電源プラグが抜けていないかなど確認しておきましょう。

お湯を少しだけ出しっぱなしにする

水を流すことも、凍結防止に役立ちます。
そのため、少しだけでかまいませんので、あえてお湯を出しっぱなしにしてみてください。
ただし出しっぱなしにすることで、水道料金などが高くなってしまうので、注意が必要です。

水抜きをする

水抜きとは、配管内の水を抜くこと。
まず運転スイッチを切り、ガス栓と給水元栓を閉めます。
その後、給湯栓と給水水抜き栓、給湯水抜き栓などをすべて開放します。
こうすることで、機器内の水をすべて排出することができます。
詳しい方法は、使用している給湯器によって違いますので、取扱説明書をご覧ください。

給湯器を凍結させないよう日頃から注意しましょう

給湯器の凍結防止策を紹介しました。
“凍結”というと「寒い地域だけのことでしょ?」と思われるかもしれませんが、いつどこでどのような寒波がおそってくるか分かりません。
ある日突然、お湯が使えなくなってしまったら困ると思います。
そうなる前に、しっかり予防策を講じておきましょう。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事