給湯器のエラーコード341の原因と対処法について

給湯器エラーコード341の原因はいったい何なのか? メーカーごとの原因を解説します!

給湯器のエラーコード341の原因を紹介

給湯器のエラーコード341の原因をメーカーごとに説明します。

パロマ

給湯器センサーに関するエラーです。

外気温サーミスタまたは給気サーミスタに断線・短絡などの異常が発生しています。

外気サーミスタを交換することで対処可能です。

リンナイ

パロマ同様、給湯器センサーに関するエラーです。

外気温サーミスタまたは給気サーミスタのどちらかに断線または短絡の異常が発生しています。

運転スイッチを切り、再操作することで、正常に作動することがあります。

パーパス

排気音サーミスタにて断線または短絡が起きている可能性があります。

給湯器のエラーコード341が出た場合の対処法 

給湯器のエラーコード341が出てしまったら、一体どうすれば良いのでしょうか?最後に、エラーコード341が発生した場合の対処方法についてご紹介します。 

リモコンを再起動する 

最初にやってもらいたいのが、リモコンの再起動です。家の中で、お湯を利用している箇所を全てストップした状態で、給湯器の電源を一度切ります。1〜2分ほど待ったら、もう一度電源を入れてみてください。 

電気給湯器のセンサーが誤反応を起こしている場合、この操作だけでエラーが解消されます。しばらくお湯を使用してみて、エラーの再発が起こらないかどうか、確認してみてください。 

何度もエラーが出るなら修理業者に依頼する 

リモコンの再起動だけではエラーが解消されず、何度リセットしてもまたエラーが発生してしまうという場合には、殆どの場合が電気給湯器自体の故障が原因です。本体が故障しているのであれば、自分たちの操作だけで元の状態に戻すことはできないので、電気給湯器の修理、場合によっては電気給湯器自体の交換作業が発生することになります。 

341エラーが発生する場合の修理費用の目安は、大体6,00046,000円程度が相場となりますが、交換になるケースももちろんあります。実際に作業員の方と相談しつつ、どちらにするのか決定しましょう。 

給湯器エラーコード341の原因はサーミスタの異常

給湯器エラーコード341の原因はサーミスタに断線または短絡といった以上が発生している可能性が高いです。

エラーが表示されたら、説明書の指示に従って、正しい方法で対処していきましょう!

当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事