この記事では電気温水器とエコキュートのそれぞれの特徴と違いについて解説します。

エコキュートと電気給湯器の特徴

エコキュートの特徴

エコキュートとは、エアコンなどにも使用されているヒートポンプを利用して、空気の力でお湯を沸かすタイプの電気給湯器のことを指します。
電気だけでなく外気の温度も利用するため、比較的効率良くお湯を沸かすことが可能です。
そのため、本体価格は通常の電気給湯器よりも高額であるものの、毎月の電気代を抑えることが期待できるでしょう。
ただし、貯湯タンクと室外機を置くスペースが必要であり、ある程度の敷地面積が無ければ導入が難しいと言えます。

電気給湯器の特徴

電気温水器とは、タンクの中に貯めた水をヒーターや熱交換器によって温める仕組みを持った給湯器です。
電気の力のみを使ってお湯を沸かすタイプの給湯器のため、本体価格はエコキュートよりも安いものの、毎月の電気代は比較的高くなってしまいます。
電気給湯器は寿命が約15年だと言われており、寿命が10年と言われているガス給湯器などと比較すると長持ちしやすいのも特徴の1つです。

電気温水器とエコキュートはどう違う?

お湯の温め方が違う

電気温水器とエコキュートでは、お湯を温める仕組みが違います。
電気温水器は電気ヒーターを用いてお湯を温め、タンク内に貯めたお湯も保温しておきます。
一方のエコキュートがお湯を温める仕組みは、ヒートポンプシステムと呼ばれます。室外機から外気を取り込み、コンプレッサーを用いて空気を圧縮させた際に発生する熱によって水を温めているのです。
空気を圧縮した際の熱を上手に利用しているため、エコキュートの方がより経済的ではありますが、室外機を設置する必要があるため、より広いスペースを必要とします。

コストのかかり方が違う

電気温水器とエコキュートは、互いに比較したときのコストのかかり方にも違いがあります。
具体的には、以下のとおりです。

設置費用 ランニングコスト
電気温水器  安い  高い
エコキュート  高い  安い

エコキュートは電気温水器よりもさらに初期費用がかかりますが、お湯を省エネで温めるため、光熱費はかなり抑えることが可能です。
ただし上記はあくまでも両者を比較した場合の大小であり、例えばガス給湯器などと比べた場合には、両者ともにランニングコストが低いといえます。

ランニングコストが抑えられるのはエコキュート

エコキュートは空気を圧縮する際に発生する熱を上手に利用してお湯を温めるため、電気温水器よりもさらにランニングコストを抑えられます。

電気温水器のメリットについての詳しい説明は下記をご覧ください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事