ガス代の計算方法

ガス料金の計算方法を知っていますか。

「毎月の光熱費が高いなぁ~」と思っている人は、自宅のガス代の計算方法が分からず、効率よくガスを使えていないかもしれません。

ガス代の計算方法をきちんと知ることで、ガス代をもっと節約できるかも!

ここで、ガス代の計算方法を学び、効率的にガスを使っていきましょう。

ガス代の計算方法とは?

ガス代の主な4つの計算方法を紹介します。

1.二部料金制

全国の9割以上のプロパンガス販売店が採用しているのが“二部料金制”。

二部料金制とは、「基本料金」+「従量料金」で算出する計算方法です。

 

ガス代は基本的に「基本料金」+「従量料金」で計算できます。

「基本料金」とは、ガスの使用量に関係なく一定金額支払わないといけない固定の料金です。

対して「従量料金」は、決められた従量単価(1㎥当たりの金額)に使用量をかけて算出します。

2.スライド制

二部料金制と似ていますが、“スライド制”と呼ばれるものがあります。

スライド制は、二部料金制と同じく「基本料金」+「従量料金」で計算しますが、従量料金の従量単価が使用量が増えるにつれて、安くなっていきます。

ガスの使用量が多いほど料金が安くなるため、店舗や家族人数の多い世帯などに適しています。

3.三部料金制

「基本料金」+「従量料金」に加えて、「設備使用料」が書かれている明細もあります。

これは“三部料金制”と呼ばれており、一見ほかの計算方法より高額そうですが、基本料金に含まれていた設備使用料が別項目になっただけで、金額が高くなるわけではありません。

三部料金制を採用している会社は少なく、全国でも1%ほどしかありません。

4.最低責任使用料金制

“最低責任使用料金制”とは、ある一定の使用量までは固定の金額ですが、ボーダーラインを超えた時点から従量制となる料金形態です。

最低使用料金には、設備費や保安・検針費用など基本料金も含まれています。

ガス代の計算方法を学び、効率的にガスを使っていこう!

ガス代の基本的な計算方法は分かりましたか。

「基本料金」+「従量料金」で計算できることが多いですが、会社やプランによって細かな違いがあります。

ガス代を節約するためにも、計算方法を学び、効率的にガスを使っていきましょう!

当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事