給湯器の凍結を防止する4つの方法と3つの対処法

寒い時期など「給湯器が凍結してしまった」といった事態に見舞われて、困っている人もいるはず。
寒い時期に凍結を防止する方法や、凍結してしまった時の対処法について解説します。 

給湯器の凍結を防止する方法

給湯器の凍結を防止する方法を解説します 

凍結予防ヒーター、自動ポンプ運転の使用

給湯器の凍結予防ヒーターやお風呂の自動ポンプ運転機能を利用して凍結を防止します。
これらの機能は、外気温が一定以下に下がると自動で作動します。

外気温が一定以下まで下がると自動で作動する、凍結予防ヒーターや自動ポンプ運転機能を使用しましょう。 
ただし、電源プラグがコンセントに差し込まれていなかったり、自動ポンプ運転機能は浴槽の残り湯が指定された量より少なかったりすると機能しないので、注意しましょう。

給湯栓より湯を流す

給湯栓(湯用の蛇口)から湯を流すことによって給湯管やバルブ等の凍結を防ぐことができます。 
この方法で、給水・給湯管やバルブ類の凍結が防止できます。
かなり冷え込むであろう夜などに行うことをおすすめします。

給湯器内の水を抜く

給湯器内に貯まった水を抜くことで、凍結を防げます。 
給湯器の水抜きをする際は、まずガス栓を閉め、リモコンの電源を切ります
(リモコンがない場合は、室内のお湯側の蛇口をどこでもいいので全開にします)。
給湯器の電源プラグを抜いたあと、止水栓を閉めます。
キッチン、洗面所、浴室などすべての蛇口を開けてください。
そして給湯器本体の水抜き栓を開けて、水抜きをしていきます。

配管の周囲にヒーターや断熱材、保温材を設置する

給湯器の配管周りにヒーターや断熱材、保温材などを設置して凍結を予防できます。
給湯器内部には配管凍結を防止するためのヒーターがすでに設置されていることがほとんどですが、足りない場合は、さらに補足しましょう。

給湯器が凍結したときの3つの対処法

給湯器が凍結したときの3つの対処法を解説します。 

自然解凍を待つ 

リモコンの電源を切って凍結部分が自然解凍するのを待ちましょう。 

自然解凍後は水漏れがおきていないかなどをチェックするようにしてください。 

ぬるま湯で解凍する 

自然解凍するまで待てない場合などは、元栓の周りにタオルを巻き、3040度のぬるま湯をゆっくりかけて解凍しましょう。 

修理業者に依頼する 

凍結の状態によっては配管が破損することもあり、解凍してもお湯が出てこない場合は修理業者にお願いしてください。 

給湯器の凍結が起こってしまったら、まずは自然解凍を 

いかがでしたでしょうか 

この記事を読んでいただくことで凍結防止方法とその際の対応がご理解いただけたと思います 

給湯器が凍結してしまったらどうしても慌ててしまいがちですが、まず自然解凍を待つようにしましょう。 

給湯器の凍結防止のため色々試してみましょう

給湯器の凍結を防止するための方法はわかりましたでしょう。
寒い場所では、時折給湯器が凍ってしまい、「お湯が出ない!」といった事態に見舞われることがあります。
真冬にお湯が出なくなってしまったら、困りますよね。
そのような事態に直面しないためにも、特に寒い地域に住んでいる人は凍結防止対策を万全にしていきましょう!

当サイトでは横浜で給湯器の交換をお考えの方のために、横浜で評判の良い給湯器交換業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

 

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら

サイト管理人おすすめの給湯器交換業者はこちら


ライフアドバンスジャパン
当サイトおすすめ度No,1
ライフアドバンスジャパンの詳細はコチラ

クラシアン

CMでおなじみ!安心の大手
クラシアンの詳細はコチラ

正直屋
独自のサービスが盛りだくさん
正直屋の詳細はコチラ
おすすめの記事